わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

東京大学2013年度理系第4問の確率、ベクトルの問題の解説
終幕に向かってきたところで東京大学2013年度理系第4問の解説をしたいと思います。
[問題]
20170801174157ee6.jpg
△ABCにおいて∠BAC=90°、|AB→|=1,|AC→|=√3とする。△ABCの内部Pが
PA→/|PA→|+PB→/|PB→|+PC→/|PC→|=0→を満たすとする。
(1)∠APB,∠APCを求めよ。
(2)|PA→|,|PB→|,|PC→|を求めよ。

[解答と解説]
(1)似たような問題の解き方を使わないかって考えるねん。
2017080117415824c.jpg
似たようなよくある問題として

△ABCの外心をOとして
2OA→+3OB→+4OC→=0
のときcos∠AOBを求めよ

ってやつやな
これは|OA→|=|OB→|=|OC→|=Rとおけて
2OA→+3OB→=-4OC→
って1つ右に持ってきて平方して
|2OA→+3OQ→|^2=16|OC→|^2
4|OA→|^2+12OA→・OB→+9|OB→|^2=16|OC→|^2
4R^2+12R^2cos∠AOB+9R^2=16R^2
cos∠AOB=1/4

これがやな!

と言うことで

20170801174159272.jpg
PA→/|PA→|+PB→/|PB→|=-PC→/|PC→|より
|PA→/|PA→|+PB→/|PB→||^2=|-PC→/|PC→||^2
1+2cos∠APB+1=1
から
cos∠APB=-1/2
これで∠APB=120°やな。

同じように

PA→/|PA→|+PC→/|PC→|=-PB→/|PB→|より
|PA→/|PA→|+PC→/|PC→||^2=|-PB→/|PB→||^2
1+2cos∠APC+1=1
から
cos∠APC=-1/2
これで∠APC=120°

(2)∠APB=∠APC=∠BPC=120°やろ。
そしたらPA→、PB→、PC→はなす角度わかるし
△ABCは直角三角形でBC=2やから
|PA→|^2+|PB→|^2-2PA→・PB→=1^2
|PB→|^2+|PC→|^2-2PB→・PC→=2^2
|PC→|^2+|PA→|^2-2PC→・PA→=√3^2
これで3つ未知数で3つ式あるから全部いけるやん
まあ言うたら、これらは余弦定理やな。

201708011742015be.jpg
|PB→|^2+|PC→||PB→|+|PC→|^2-4=0
|PB→|=(-|PC→|±√(16-3|PC→|^2))/2
ちゃうねん、ちゃうねん。
これを代入するねん。

((-|PC→|+√(16-3|PC→|^2))/2)^2+|PA→|^2+((-|PC→|+√(16-3|PC→|^2))/2)|PA→|=1|PA→|=…

ってやってたら


20170801174202e6b.jpg
こんなわけわからんことになります。


実は解けなくもないねんけどな。
それは最後にやるわ。


(1)は誘導として

東大やから幾何的に解くんかなって感じするやん。
そしたら東大は余弦定理ではなく、意外と正弦が上手くいくこと多いねん。

直角三角形やしな。


20170801174308062.jpg
∠PCA=θとおくと、それぞれ角度をあらわしていくと
∠PAC=180°-120°-θ=60°-θ
∠PAB=90°-(60°-θ)=30°+θ
∠PBA=180°-120°-(30°+θ)=30°-θ


201708011743106c5.jpg
△APCにおいて正弦定理より
√3/sin120°=PA/sinθ=PC/sin(60°-θ)
これをPAとPCをθであらわしていくと
PA=2sinθ,PC=2sin(60°-θ)

△APBにおいて正弦定理より
1/sin120°=PA/sin(30°-θ)=PB/sin(30°+θ)
これからPAとPBをθであらわしていくと
PA=(2/√3)sin(30°-θ),PB=(2/√3)sin(30°+θ)

と言うことでPA消去したらcosθ,sinθ求まりそうやな。
2sinθ=(2/√3)sin(30°-θ)
(√3)sinθ=1/2cosθ-(√3)/2sinθ
tanθ=1/(3√3)
sinθ=√((tanθ)^2/(1+(tanθ)^2))
=1/(2√7)
cosθ=sinθ(1/tanθ)
=(3√3)/(2√7)
だから
PA=(sinθ√3)/sin120°
=1/√7
PB=2/(√3)(1/2cosθ+(√3)/2sinθ)
=2/√7
PC=2((√3)/2cosθ-1/2sinθ)
=4/√7
って求まりました。


やっぱ東大は正弦定理やな。


そしたらさっきの余弦定理のやり方でごり押しで解く方法をやろか

20170801174311b0f.jpg
|PA→|^2+|PB→|^2-2PA→・PB→=1^2
|PB→|^2+|PC→|^2-2PB→・PC→=2^2
|PC→|^2+|PA→|^2-2PC→・PA→=√3^2

書くのを簡単にするために|PA→|=a,|PB→|=b,|PC→|=cとおいて
a^2+b^2+ab=1
b^2+c^2+bc=4
c^2+a^2+ca=3

これをどう解けば楽なのかと言うと、これも似たような問題を思い出してくれ
201708011743134f0.jpg
x^2+2xy+2y^2=1 …①
x^2-2y^2+3=0 …②

これは定数項を消去するってやり方あったやんな。

①×3+②で定数を消去して
4x^2-6xy+4y^2=0
これで
x=((3±√5)/2)y
ってxとyの比を求める、つまりはx/yを求める感じで
これを②とかに代入して
((14±6√5)/4 -2)y^2+3=0
となってこれで解けるやろ。


この真似をしてみるねん。


201708011743149c5.jpg
a^2+b^2+ab=1 …①
b^2+c^2+bc=4 …②
c^2+a^2+ca=3 …③

定数を消してb/aとc/aの式にしてみよか
①×4-②
4a^2+4ab+3b^2-bc-c^2=0
から
4+4(b/a)+3(b/a)^2-(b/a)(c/a)-(c/a)^2=0


201708011743253f5.jpg
②×3-③×4
3b^2+3bc-c^2-4ca-4a^2=0
3(b/a)^2+3(b/a)(c/a)-(c/a)^2-4(c/a)-4=0
さらに簡単に書くためにb/a=B,c/a=Cとおいたら、それぞれ
3B^2-BC-C^2+4B+4=0 …④
3B^2+3BC-C^2-4C-4=0 …⑤
これで次数を下げるために
④-⑤から
-4BC+4B+4C+8=0
B=(C+2)/(C-1)
これを④に代入して
3((C+2)/(C-1))^2-(C+2)/(C-1)-C^2+4(C+2)/(C-1)+4=0
整理してC+2>0に注意して割ってしまって
3(C+2)-(C-1)C-(C-2)(C-1)^2+4(C-1)=0
(C-4)(C^2+C+1)=0
C=4,B=2とわかって
c/a=4,b/a=2からc=4a,b=2a
①からa^2+2a^2+4a^2=1でa=1/√7
(a,b,c)=(1/√7,2/√7,4/√7)
ってわかりました。


これはあれやな。

計算技術を磨いておけば、少々方針をミスってもごり押しで解けて底上げされる感じやな。

東京大学の入試の数学の過去問の解説

[READ MORE...]

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ
東京大学2013年度理系第3問の確率、数列の問題の解説
グミの新作を買い続けて人の信用を失ったところで東京大学2013年度理系第3問の解説をしたいと思います。

[問題]
20170731170640bdd.jpg
A,Bの2人がいる。投げたとき表裏の出る確率がそれぞれ1/2のコインが1枚あり、最初はAがそのコインを持っている。次の操作を繰り返す。
(i)Aがコインを持っているときは、コインを投げ表が出ればAに1点を与え、コインはAがそのまま持つ。裏が出れば両者に点を与えじ、AはコインをBに渡す。
(ii)Bがコインを持っているときは、コインを投げ、表が出ればBに1点を与え、コインはBがそのまま持つ。裏が出れば、両者に点を与えず、BはコインをAに渡す。
そしてA,Bのいずれかが2点を獲得した時点で、2点を獲得した方の勝利とする。たとえば、コインが表、裏、表、表と出た場合、この時点でAは1点、Bは2点を獲得しているのでBの勝利となる。
(1)A,Bあわせてちょうどn回コインを投げ終えたときにAの勝利となる確率p(n)を求めよ。
(2)Σ(k=1~∞)p(n)を求めよ。


[解答と解説]
(1)
この問題はな
2017073117283122d.jpg
こうやってシンプルに描くと0.7秒かかるやろ


20170731172833e7c.jpg
こうやってリアルに描くと11分32秒かかるやろ。


これで大きな差が生まれるねん。

そういうことや。



だからそれだけじゃわからんやろ!


20170731170643c39.jpg

どういうことかと言うと、確率は絵で説明すると早く見やすくて

この問題でも
表裏表裏裏裏…
と描くよりも
○×○××
って描いた方が早いし、見やすくてこういう処理で差が結構出てきてしまったりするねん。


それでこの問題では2点で勝利やから、基本的に×ばっかで
○が2回か、3回やろな。
最後のn回目は○じゃないとあかんしな。

そしたら○が2回のときはAで○を1回、AとBで×をn-2回だして交換しあって最後にAが○やな。
と言うことはn-2回でAに戻ってこないといけないからnが偶数の時と言うことになるな。

20170731170645018.jpg
nが偶数のとき
×××××××…×××○
で図の矢印の偶数番目の直前のところに○を入れたらAで○を出したことになるな

これは(n-2)÷2+1=n/2通りですね。

と言うことで
p(n)=n/2・(1/2)^n

今度は○が2回のときはAで○を1回、Bで○を1回、AとBで×をn-3回だして交換しあって最後にAが○ですね。
と言うことではn-3回でAに戻ってこないといけないから、nは奇数と言うことになるな。

2017073117064696b.jpg
nが奇数のとき
×××××××…××××○
図の短い矢印の偶数番目の直前のところに○を入れることでAで○を出したことになって
(n-3)/2+1=(n-1)/2
図の長い矢印の奇数番目の直前のところに○を入れることでBで○を出したことになり
(n-3)/2
よって
p(n)=(n-1)/2・(n-3)/2・(1/2)^n
と言うことになりました。


(2)これな、やることはわかると思うねん。
奇数で終わるか偶数で終わるかで式の表し方がかわるから、それぞれで立式して無限に飛ばす感じやな

201707311708381d9.jpg
n=2mまでくわえるとき
Σ(k=1~m)p(2k)+Σ(n=1~m)p(2k-1)
=Σ(k=1~m)k(1/2)^(2k)+Σ(k=1~m)(k-1)(k-2)(1/2)^(2k-1)

とか計算がやたら大変やねん。


20170731170840808.jpg
そこでS_n=Σ(k=1~n)r^k、T_n=Σ(k=1~n)kr^k、U_n=Σ(k=1~n)k^2r^kを計算して、それぞれのn→∞の極限をS,T,Uとしてこれ組み合わせて計算すると言う処理の仕方があるねん。

式を整理してから極限とるんじゃなくて、極限とってから整理やな。

20170731170841107.jpg
r=1/4として

S_n=r(1-r^n)/(1-r)→r/(1-r)=1/3

T_nはrT_nとの差を考えて
(1-r)T_n=S_n-r^(n+1)
T_n=1/(1-r)・S_n - nr^(n+1)/(1-r)→1/(1-r)・S=4/9

U_nもrU_nとの差を考えて
(1-r)U_n=2T_n-S_n-n^2・r^(n+1)
U_n=1/(1-r)・T_n-1/(1-r)・S_n-n^2・r^(n+1)/(1-r)
→2r/(1-r)・T-1/(1-r)・S=32/27-4/9=20/27

201707311708422e1.jpg
これで

Σ(n=1~2m)p(n)
=Σ(k=1~m)p(2k)+Σ(n=1~m)p(2k-1)
=Σ(k=1~m)k(1/2)^(2k)+Σ(k=1~m)(k-1)(k-2)(1/2)^(2k-1)
=Σ(k=1~m)k(1/4)^k+Σ(k=1~m)2(k-1)(k-2)(1/4)^k0
=Σ(k=1~m)(2k^2-5k+4)(1/4)^k
=2U_m-5T_m+4S_m
→2・20/27-5・4/9+4・1/3=16/27
(m→∞)

Σ(n=1~2m+1)p(n)
=Σ(n=1~2m)p(n)+p(2m+1)
→16/27+0=16/27
(m→∞)
よって
Σ(n=1~∞)p(n)=16/27

東京大学の入試の数学の過去問の解説

[READ MORE...]

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ
東京大学2013年度理系第2問、微分の問題の解説
どうやら小球に当てられ人々の脳裏に刻まれたな。

と言うことで東京大学2013年度理系第2問、微分の問題を解説します。


[問題]
2017060903213438b.jpg
aを実数とし、x>0で定義された関数f(x),g(x)を次のように定める。
f(x)=(cosx)/x,g(x)=sinx+ax
このときy=f(x)のグラフとy=g(x)のグラフがx>0において共有点をちょうど3つ持つようなaをすべて求めよ。

[解答と解説]
201706090321365e3.jpg
そしたら、どんなグラフになるか考えてみよか。
まず
f(x)=1/x×cosx
はcosxの振幅が小さくなっていくやろ。

そしたらf(x)=sinx+axはどうなのかと言うと
y=axと言う直線を中心として振動するはずやねん。


とわかったところで、何かできそうと見せかけて厳しいですね。

2017060903213705d.jpg
そしたら今度は直線と曲線に分けて考えてみよか
f(x)=g(x)を整理して
ax=(cosx)/x-sinx
これでh(x)=(cosx)/x-sinxとおいてグラフがどんなんか調べるということで微分して
h'(x)=(-xsinx-(x^2+1)cosx-ax^2)/x^2

これはあれやな。
分子だけ微分しろってやつやな

i(x)=-xsinx-(x^2+1)cosx-ax^2とおくと

i'(x)=-3xcosx+x^2sinx-2ax

これはあれやな。
もう一回微分しろってことやな。

i''(x)=-3cosx+3xsinx+2xsinx-x^2cosx-2ax


ふにゅ…


20170609032138141.jpg
そうやな、これは定数分離やろな。

a=(cosx-xsinx)/x^2
h(x)=(cosx-xsinx)/x^2
とおくと
h'(x)=-cosx(x^2+2)/x^3

これやがな!


201706090321403a4.jpg
これでh(x)の増減表は
α_n=π/2+(n-1)πとおいて(n=0,1,2,3,…)

α_nで極値なことがわかりますね。

201706090322012f1.jpg
しかもx→+0ではh(x)→∞、x→∞ではh(x)→0で
極値は
h(α_n)=(-1)^n/(π(n-1/2))
やから
|h(α_n)|>|h(α_(n-1))|
で極値の絶対値は小さくなって奇数番目は負、偶数番目は正やな。

20170609032202b67.jpg
そしたら3つの共有点を持つには
h(α_4)<a<h(α_2)か
またはa=h(α_3)
になるときで整理して

2π/7<a<2π/3,a=-2π/5
とわかりました。

東京大学の入試の数学の過去問の解説

[READ MORE...]

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ
東京大学2013年度理第1問、複素数平面(行列)の問題の解説
今から東京大学2013年度理第1問、複素数平面(行列)の問題の解説をしたいと思います。
よろしくお願いします。

[問題]
20170527011611792.jpg
実数a,bに対し平面上の点P_n(x_n,y_n)を
(x_0,y_0)=(1,0),(x_(n+1),y_(n+1))=(ax_n-by_n,bx_n+ay_n)(n=0,1,2,…)
によって定める。このとき、次の条件(i),(ii)がともに成り立つような(a,b)をすべて求めよ。
(i)P_0=P_6
(ii)P_0,P_1,P_2,P_3,P_4,P_5は相異なる


[解答と解説]
この問題はもともと、行列の問題で
(x_(n+1),y_(n+1))=(ax_n-by_n,bx_n+ay_n)
となる(x_n,y_n)→(x_(n+1),y_(n+1))の変換は行列を習わなくなったからわかりにくいねんけど回転拡大縮小をあらわしているねん。

だから複素数平面であらわせるねん。

実際にx_(n+1)+iy_(n+1)=(a+ib)(x_n+iy_n)
やな。


そしたらa+ib=r(cosα+isinα)とおくとα回転してr倍と言うことになるやろ。


20170527011612905.jpg
これでP_0=P_6になるってことはr=1でnを整数として6α=360°nつまりα=60°n

P_0,P_1,P_2,P_3,P_4,P_5は異なることより
k≠jのときkαとjαは360°で割った余りが異なる

kα≢jα(mod 360°)

nk≢nj(mod 6)

nと6は互いに素よりn=1,5とやると

確かにそういうことやねんけど


2017052701161562b.jpg
別の人生を歩み出すことになります。

何が言いたいのかと言うと、そこに重みがあるわけ違うねん。

最初からそう言えや!



何故互いに素なのかは後から書くことにして、この問題ではそこまで一般的にやらなくても
20170527011614eea.jpg
P_0=P_6から6α=360°n(0≦α<360°)
でα=0°,60°,120°,180°,240°,300
であることが必要やから

もう全部調べて、シラミ潰しでええねん。

それが整数問題では自然やねん。


更に言うと、テクニシャンは-180°≦α<180°として
α=0°,±60°,±120°,-180°
ってやると場合分けを減らしたりもします。


と言うことで解答は
20170527011635e57.jpg

(ii)より(a,b)≠(0,0)で
x_(n+1)+iy_(n+1)=(a+ib)(x_n+iy_n)
と表せる。
cosα=a/√(a^2+b^2),sinα=b/√(a^2+b^2)とすれば(-π≦α<π)

a+ib=√(a^2+b^2)(cosα+isinα)となり
x_n+iy_n=(a+ib)^n(x_0+iy_0)
=(√(a^2+b^2))(cos(nα)+isin(nα))

(i)より(√(a^2+b^2))^6(cos(6α)+isin(6α))=1(cos0+isin0)
よって(√(a^2+b^2))^6=1⇔a^2+b^2=1
また-π≦α<πから-6π≦6α<6πより
6α=-6π,±4π,±2π,0

α=-π,±2/3π,±1/3π,0

これでシラミツブシしていくねん。

20170527011634067.jpg
α=-πのとき
2α=-2πでP_0=P_2となり不適

α=±2/3πのとき
3α=±2πでP_0=P_3となり不適

α=±1/3πのとき
2α=±2/3π,3α=±π,4α=±4/3π,5α=±5/3πより(ii)を満たす

α=0のとき
P_0=P_1より不適

これから
(a,b)=(1/2,±(√3)/2)
とわかりました。


そしたら…さっきの互いに素の話に戻ろか。
これは複素数平面でも使ったりするしな。

20170527011617b18.jpg
pとqが互いに素な時
1p,2p,3p,…,(q-1)p
をqで割った余りはすべて異なり
1,2,3,…,q-1
が1つずつ表れる

これやがな。

なんでこうなるかは有名な証明があって

1≦i<j≦q-1として
ipとjpをqで割った余りが等しいと仮定すると
jp-ip=(qの倍数)

(j-i)p=(qの倍数)

pとqは互いに素より、j-i=(qの倍数)になるやろ。

でも-(q-1)<j-i<q-1と言うようにj-iの範囲は狭くてこのうちqの倍数になるのは

j-i=0だけやねん。

それで矛盾するわけですね。


pとqが互いに素でないときは、そもそも余りが最大公約数の倍数になるから全部あらわれないしな。

だから、0,1n,2n,3n,4n,5nを6で割った余りが0,1,2,3,4,5になるには6と互いに素なn=1,5ってわかるにはわかってこれが背景にあるっていうところやな。

東京大学の入試の数学の過去問の解説


[READ MORE...]

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ
東京大学2014年度文系第3問、軌跡の問題の解説
シーチキンを東京大学2014年度第3問、軌跡の問題の解説をしたいと思います。

もはや文法がおかしいやろ。


[問題]
20170512022549555.jpg
座標平面の原点をOで表す。
線分y=(√3)x(0≦x≦2)上の点Pと、線分y=(-√3)x(-3≦x≦0)上の点Qが、線分OPと線分OQの長さの和が6となるように動く。このとき、線分PQの通貨する領域をDとする。
(1) sを-3≦s≦2をみたす実数とするとき、点(s,t)がDに入るようなtの範囲を求めよ。
(2) Dを図示せよ。

[解答と解説]
前に理系の方の問題では

20170430110440400.jpg<
こういうことになりました。


それだけじゃ何のことかわからんやろ!


とりあえず今回は文系の方で三つの解き方をやりたいと思います。


1、だから僕は独立変数と従属変数にわけて同値変形して文字を消去する。(逆像法、逆手流のこと)

20170512022550a88.jpg
(1)まず条件をすべて式に表します。
P(p,(√3)p)、Q(-q,(√3)q)とおく
0≦p≦2、0≦q≦3でOP+OQ=6より2p+2q=6からp+q=3
線分PQ:y=(√3)p-(√3)q/(p-(-q))・(x-p)+(√3)p
-q≦x≦p


2017051202255295b.jpg
これで羅列して
p+q=3
t=(√3)(p-q)/(p+q)・(s-p)+(√3)p
0≦p≦2,0≦q≦3
-q≦s≦p
-3≦s≦2

これでp+q=3からq=3-pを全部に代入するねん。

q=3-p
t=((2p-3)s+2p(3-p))/(√3)
0≦p≦2,0≦3-p≦3
-3≦s≦2

これでp,t,sは下の三行を満たせば、qはq=3-pによって自動的に決まっていくからこれでq消去になるねん。

今度はpを消去するためにpについて解きたいねんけど二次になるからpで整理して

q=3-p
2p^2-2(3+s)p+(√3)t+3s=0
max{0,s}≦p≦min{2,s+3}
-3≦s≦2

そしたらこれでpの二次方程式が解を持てばよいというように解の配置問題の処理の仕方をすればよくなるねん。

20170512022553d0c.jpg

f(p)=2p^2-2(3+s)p+(√3)t+3sとおいて
y=f(p)がmax{0,s}≦p≦min{2,s+3}でp軸と共有点を持てばよい。
f(p)=2(p-(3+s)/2)^2+(√3)t-s^2/2-9/2

これで軸が端点になる(3+s)/2=0となるのはs=-3
(3+s)/2=2となるのはs=1
定義域のmax{0,s}からs=0,min{2,s+3}から2=s+3よりs=-1
0≦p≦2の場合の中点と軸から(0+2)/2=(3+s)/2よりs=-1
が場合分けの切り替わりにはなりそうやねんけど

もっとちゃんとやると

sp図を描いて
p=max{0,s}とp=min{2,s+3}とp=(max{0,s}+min{2,s+3})÷2と軸p=(3+s)/2のグラフをかくねん。

そしたら-3≦s≦-1と-1≦s≦1と1≦sの三つで場合分けしたらよいことがわかるねん。

(i)-3≦s≦-1のとき
定義域は0≦p≦s+3
軸は(軸)=(3+s)/2=(中点)
の関係にあるからグラフより
よって最小値(√3)t-s^2/2-9/2≦0かつf(0)≧0あればよくなりますね

整理して
-(√3)s≦t≦1/(2√3)s^2+3(√3)/2


201705120225557ff.jpg
(ii)-1≦s≦1のとき
定義域はmax{0,s}≦p≦2で軸は(中点)=1/2・(max{0,s}+2)≦(軸)=(s+3)/2と言う関係なので

グラフより最小値(√3)t-s^2/2-9/2≦0かつf(0)≧0かつf(s)≧0になればオッケーやな。

整理して
t≦1/(2√3)s^2+3(√3)/2
t≧-(√3)sかつt≧(√3)s

max{-√3s,√3s}≦t≦1/2√3・s^2+(3√3)/2

(iii)1≦s≦2のとき
定義域はs≦p≦2、軸は2≦(3+s)/2=(軸)
と言う関係になってるからグラフより
f(2)≦0かつf(s)≧0となればオッケーやな。

整理して
(√3)s≦t≦1/(√3)・s+4/(√3)

以上より
-(√3)s≦t≦1/(2√3)s^2+3(√3)/2 (-3≦s≦0)
√3s≦t≦1/2√3・s^2+(3√3)/2    (0≦s≦1)
√3s≦t≦1/(√3)・s+4/(√3)      (1≦s≦2)

(2)グラフを描いたらこんな感じやな。
20170512022641faa.jpg

実は理系の方より難しいんちゃうかと言う。


2、文字固定
20170512022643b7e.jpg
途中から
t={(2p-3)s+2p(3-p)}/(√3)
max{0,s}≦p≦min{2,3+s}
よりs固定して考えるとtはpの2次関数になるな

だから
t=1/(√3){-2(p-(s+3)/2)^2+(s^2+9)/2}

これでさっきと同じように場合分けするねん、


3、接線を考える
201705120226445fa.jpg

0≦p≦2
0≦3-p≦3

0≦p≦2

t={(2p-3)s+2p(3-p)}/(√3)これでpで平方完成するねん

t=-2/(√3)・(p-(s+3)/2)^2+(s^2+9)/(2√3)

t-(s^2+9)/(2√3)=-2/(√3)・(p-(s+3)/2)^2

これで直線PQ:t=l(s)としたら
l(s)-(s^2+9)/(2√3)=-2/(√3)・(p-(s+3)/2)^2
と言うことになって
st平面において直線t=l(s)と2次関数t=(s^2+9)/(2√3)がp-(s+3)/2=0つまりs=2p-3で接してることがわかるねん。

0≦p≦2から接点のs座標は-3≦s≦1で接点を動かして直線の軌跡を考えるねん。
このうちt≧±(√3)sの部分の線分が通過する領域を考えたらよくなるえん。

これでグラフが求まるわけやな。


接線の解法は満点がもらいにくそうやけど、早く簡単に解けるのが特徴やな。

東京大学の入試の数学の過去問の解説

同値変形による式や条件の処理の仕方(東大対策)


[READ MORE...]

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ

プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

ランキングサイト


↓ランキング参加中




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

blog Ranking


お勉強BLOGЯanK

リンク

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード