FC2ブログ
わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

ディフェンダーのロールの使いどころ
ディフェンダーのロールはヒーラーの方が効率がええんちゃうんってあんま使えなさそうに見えて、結構使えるロールになってます。

今回のFF13はあんまり使えないものは無いように作られてるっぽくて、吟遊詩人のジョブとかみたいに絶対使わへんやろって言うのが無いみたいや。

まあディフェンダーと言えば三つ巴のバトルで挑発しだしてボコボコにされるのはよくある話やけど、その話はあんんま関係なくてディフェンダーの使いどころですが、まず最初に出くわすのがガドリングです。

ガドリング一発でリーダーが戦闘不能に陥って、どないせい言うねんって言う経験をたぶんすると思います。


そこでどうするかと言うと、ガドリングって赤いウィンドが出てきてからオプティマ変更してディフェンダーにして挑発をするとディフェンダーに攻撃させるのが間に合います。

敵の技は赤いウィンドで表示されて、それから実行するまでに時間があるから準備をすることが出来るようになってるからな。


しかしそういう場合はいいけど、一つ気になるのが、

アタッカー、ブラスター、ディフェンダーのデルタアタックのようにディフェンダーを入れていくより

アタッカー、ブラスター、ブラスターのラッシュアサルトから必要に応じて

アタッカー、ブラスター、ヒーラーの勇戦の凱歌とか
アタッカー、ヒーラー、ヒーラーの青雲の志士などで回復してからラッシュアサルトに戻した方が効率がええんちゃうかってとこです。


これはよくわかりません。

敵の強さによるからなあ。

敵が強くなってくるとジャマーとかエンハンサーとかやる暇もなく一瞬で殺されるからディフェンダーをヒーラーでぶーわー回復しながら何とか戦わないと無理な場合がよくあるとは思うねんけど、そこまで激しいわけでない場合はやっぱりどっちが効率がええのか迷うとこです。

ただ、例え効率が悪くなったとしてもディフェンダーを入れる意味はそれなりにあって

「リスクを最小限に抑える」

と言う効果があります。


どういうことかと言うと、最悪の事態が起こった場合を比べて欲しいねん。

結構たくさん敵が出てきた時とかにもし運が悪くて一人が集中攻撃受けてしまったら死ぬ可能性があります。
しかもリーダーならそこで負けてしまいます。

ところが、ディフェンダーを入れておけばディフェンダーが挑発で元から集中攻撃受ける運命にあるけどデフェンスが得意なスノウやファングはHPが高くて丈夫やしガードをしてるから、死ぬ可能性がこっちのほうがはるかに低いです。
しかもディフェンダーがリーダーで無い場合にしとけば死んでも大丈夫なわけや。

やっぱりリスタートと言うことになったら、反対に効率が悪くなるからディフェンダーには

「リスクを最小限に抑える」

と言う結構重要な意味があるってことを意識しといたってください。



ただし、思ったよりデルタアタックとかディフェンダーを入れるよりラッシュアサルトのように攻撃だけの方がかなり早くブレイクするような気がするから敵が強敵でも敵の攻撃が把握しやすい単体の場合などは、むしろラッシュアサルトにしてしまった方がいい時もあると思うからその辺の状況判断も柔軟にやっていきたとこです。

ゲーム

関連記事

テーマ:FF13 - ジャンル:ゲーム

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/2066-2b0de2fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

カテゴリー

メール

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード