FC2ブログ
わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

わんこら率は何をやるにも一番大切
わんこら率を下げるな!の記事でわんこら率って言葉がわんこら式数学の勉強法で効果的やと思うから、もっとわんこら率について書いてみようと思います。


勉強法の記事に書いてるように、わんこら式って結構色々あるねんけど、だいたい難しいことをわんこら率を下げずにやる方法のことをわんこら式と呼ぶと言った感じかな。

そのわんこら率とは、モチベーション、士気、やる気、気分のノリなどの度合いである。

具体的な数値化は出来ないが、高いか低いかは自分の身体や精神の状態ですぐにわかる。

わんこら率が高いと、部活を終えた時の身体がほぐれた爽やかな気分で記憶力や思考力など高い状態にあり、100%に近いと超人的能力を発揮する。

わんこら率が低いと、解けない問題を永遠と考えてたり悩み事をしてる時になる気分で、記憶力や理解力が低くなっていて肩も凝ってきて機能が低下していて、0%に近くなってくるとウツになって引きこもるようになる。

そしてわんこら率を低下させないわんこら式数学の勉強法が代表してるように、実はこのわんこら率を高く保つかか低く保つかで凄まじい効率の差が現れる。

で例えば、本当に効率が良い勉強法とはやる気が起きる方法のことに書いてるように
一見学校に行くには5分の距離に住んでる方が効率的に見えて早く起きる気が起こらなくて何かだるくなったりするけど、

遠くに住んだ方が早く起きる気が起こるから逆に遅刻が減ったりするだけでなく歩く距離が長いことで身体を動かしたり色々な人やものが目に入ったり友達と話したりとかして頭が働いてきて実はこっちがかなり効率的やったりすると言うように

効率と言ってもカロリーの消費量や時間が短いなどの効率を言ってるだけで実際に学校生活を充実させる効率とはまた全然違うと言うことやった。

そのやる気とかモチベーションとか士気を上げるのが本当の意味で効率的と言うことを簡単に言うために、その士気とかモチベーションみたいなのを「わんこら率」と呼んで、わんこら率を高くする方を選ばなあかんって言うわけやねんな。


それと数学の勉強でも同じで、

一見問題はわかるまで考え抜くことや理解をしていくことが正しいことで効率が良さそうに見えて、
実際にはそうやるとどんどん思考力や理解力とか落ちてきて頭が痛くなってしんどくなってきてしまいには、ひどくなるとウツになってしまって人間関係も崩壊したり数学を放棄したりしてしまったりして挫折をしてしまったり苦労したわりに全然出来ないことになって凄まじい効率の低下を招くどころか人生までダメになってしまう。


でもなんか知らんけどまずは書き写してみる、なんか知らんけど解答を覚えてみる、わからない問題は飛ばす勇気を持つ、覚えたかどうかとか悩んだり理解出来てないからと言って前のページに戻ったりせず強制的に無理やり進める、と言うことをやると間違いまくった勉強法に見えて、
実際には悩むことがなく書き写したりして身体を動かすことでどんどん頭が働いてきて、記憶力や理解力が下がらないままキープして難しいことが勉強できて、凄まじい効率を発揮するどころか、受験勉強することでむしろ毎日が充実してくる。


この頭をフル回転させる精神状態と言うか、士気と言うか、やる気が起きると言うか、気分のノリみたいなものの度合いをわんこら率と呼ぶことにした。


悩むことなくてばんばん書きまくったり進めるイケイケの状態を、わんこら率が31%上がったとか適当なことを言うて、

パズルとか解けないのとか意味のわからない一文とかを悩んで悩んで悩みまくって、頭痛くなってしんどくなってきて人と話すのも嫌になってどんどん思考力とか落ちてくる状態を、わんこら率が27%下がったとか適当なことを言うねん。


わんこら式数学の勉強法みたいにわんこら率を低下させない方法が最大の効率を発揮して、なんか時間やコストの計算したりして一見効率がよさそうに聞こえることは、わんこら率がどんどん下がって記憶力や理解力とかどんどん低下してむしろ最悪の効率やったりしたわけや。


だから、わんこら率を下げないことが何をやるにも一番大切やねん。


わんこら率は頭だけで考えたり、悩み続けたり、身体を動かさなかったりするとどんどん下がってくる。
だからずっと家におったら、しんどいわけやねんな。

もう夏休みとかたっぷり時間あるのに全然勉強できなったりもするわけや。


でも、わんこら率は書き写したり図を書いてみたり、わからない問題とかは飛ばしてとりあえず強制的にテンポよく進めたり、散歩とか身体を動かすと下がらずに高い状態を保って勉強できるねん。
これがわんこら式数学の勉強法やけど、他にも歌のメロディーとか膨大な情報量を勝手に覚えられるのはわんこら率が非常に低下しにくい状態やからやねんな。

わんこら率は単純作業や、反復運動とか、リズミカルなものとかは特に上がりやすいねん。

偉大な数学者がまずは問題文を写してみるとか名言を残しててそんなん無駄なんちゃうかって思うけど、実際にはわんこら率が上昇して頭が働いてくるわけや。



わんこら率を考えると、実生活でもかなり便利で例えば恋愛とかでは相手に尽くしまくった方がええに決まってると思うやん。

でも実際には、尽くしまくる人は敬遠されるやろ。

それは、尽くしまくってると一日中そのことしか考えてなくて悩みまくってて半分ウツみたいな状態で、わんこら率が低下しまくってるねん。

わんこら率が低下しまくってるから、発想が貧困になってきて話しててもそんなに面白くなくなって魅力が落ちてくるねん。

だから尽くしまくってるのに、敬遠されると言うような一見矛盾したようなことが起こってくる。


それとか掃除も、別に生活できるならしなくて良さそうな気がするやん。

でもそれは何か間違ってるような気がする。

反対にもう何でも捨てまくったり、掃除をし尽くして一点の染みやホコリも許さない人いるやん。

これも何か間違ってるような気がする。

そもそも掃除って何?どこまでやったら終わりなん?もう最初から何も無い方が楽なんちゃうん。

そう思えてくるけど掃除と言うのは実際に何もせずに乱れまくってど汚かったら、わんこら率が低下してくるねん。

起きるのもしんどくなるし、何をやるにもしんどくなる。

反対に掃除しまくって毎日掃除のことだけ考えて1点の染みも許さなくなると、もうそれだけ考えてるから頭痛くてわんこら率が下がってくるねん。

それとか掃除は完璧に綺麗にしなあかん思うと、わんこら率が下がってしんどくなって挫折したりもする。

そしたら何も物が無かったらええねん!って思うけど、物が何も無いと無機質で寒々しくて、わんこら率が下がりまくる。


だから掃除はわんこら率が低下しないようにするのが本来の目的やねん。

ちょっと乱れてるのを整えてみたりしたら、身体動かしたり芸術的なことやってるわけやからだいぶん気分がよくなる。

それでほどよく整えられた部屋見てたらちょっとわんこら率上がるし、思い出の品とか好きなものを並べたりしたらわんこら率が上がりそうやな。


それとか正しい授業をしてるのにみんな寝て全然成績上がらないと言うのも、それはわんこら率を無視してる運びをしてたりするねんな。
それよりも笑いの要素を入れていったり、手を動かさせたりして生徒のわんこら率を上げるような授業の方が少々まずいとこあっても黒板の字が汚くても、成績が上がりやすかったりもするねん。


他にも事業仕分けもなんか最近話題になってけど、なんで何か間違ってるような気がするか。

スーパーコンピューターが2位ではなんでいけないか?

これに答えるのは難しい。
かなりの専門的な知識が必要とされそうや。

でもそんなん2位じゃわんこら率が低下すると言えば簡単なわけや。

1位と2位じゃもう全然やる気が違うわな。


コスト削減とか言って、あれもいらんこれもいらんとか言ってオリンピックも何もかも無駄やと言う一言で無くしていったら、みんな何もやること無くなって生きがいもなくなって、わんこら率下がりまくりで購買意欲も働く力も生み出す力も衰えて次の年の税収が下がるだけやん。

ただしお金をただで渡されると、わんこら率が下がる可能性はある。

本当にやらなあかんことは国民のわんこら率を上げるように予算編成を変えていかなあかんねん。

まあこうやって口で言うんは簡単やけどな。


もう恋愛なんかもうしんどいことはしたくないとか言いだすと、確かに効率的に一見思えるけど、わんこら率はどんどん低下する。

愛する人や家族とかいることで、全然人のやる気ってかわってくるもん。

まあ人によって事情もあるけど結婚もすることでだいぶんわんこら率が低下しにくくなる。

それを恋愛もしない方が楽や、人と話すなんかしんどいしお互い傷つけあうだけや、家におった方が楽、仕事とか何もせん方が楽やと言いだしたら、もう何もしない方がいい、もう何も無いのが一番効率やってわんこら率を下げる方に向かうとそれはもう「死」を象徴する方向に向かってるねん。

死んだら楽や。
何もなければいい。
そうすれば何もしなくていい、一番効率的や。

なんかファイナルファンタジーとかのラスボスがそう言うこと言って何もかもを無に帰そうとしてることが多いな。

でもそれは一見論理的なことを言ってるようで、わんこら率が下がりまくるから物凄い効率が悪いことになるねん。

何もしないと身体や脳の機能も低下してくるねんから、ウツになってしまうに決まってるけどな。


女の人を抱くときも、無駄やからっていきなり裸にしたらそんな燃えへんけど、服着たままジャンケンして負けるたびにスカートを1cmずつめくり上げてピンで止めるとか無駄なことをしまくることで燃えるやろ。

それはわんこら率が上がりまくるからやねんな。


なんかまずいことを書いたような。


でも、わんこら率を上げることは「生」を象徴する方向に向かうから異性とかエロとかは代表的なもんになってまうねん。

と言うことで許してくれ。


デートも下手な人はデートでわんこら率を下げまくってて、上手な人はわんこら率を上げるのが上手なんやろな。


最近はニンテンドーDSとかWiiとかが流行ってるけど、あれも身体を無駄に動かすみたいな先祖がえりをしてるけど、身体を動かしたりしてわんこら率が下がりにくいんやと思うわ。

だからもっと企業もわんこら率が下がらないような商品を作れば、本当の効率を発揮してまだまだ売れるし革命を起こせると思う。


わんこら率を下げない教育の仕方とか難しいことを勉強するときに下がりにくい方法を教える教育にしたらまだまだ日本の科学技術も文化も発展するし、子供も作ることがわんこら率を下げない非常に大きな要因の一つやから少子化も解決するかもしれん。

会社も従業員のわんこら率を上げるように構造を変えたりしたら、まだまだこれから伸びると思う。

リーダーシップはみんなのわんこら率を上げることって言う要素も大きいと思う。


わんこら率を考えて改革していけば、まだまだ日本はいけるはず。


実際、わんこら式数学の勉強法をやった人の声に書いてるように、わんこら率を下げない方法で勉強したら凄まじい効果を発揮してるからな。


そういう風にわんこら率って言うのは、一番大切なもんやからこれを意識して下げないようにすれば全然普段の生活も違うと思うから、わんこら率を意識して生活していって欲しいとこや。

勉強法

関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/2083-2d23ed9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

わんこらメルマガ←毎週、わんこら式についての記事をメルマガで書いています。わんこら式に接し続けることができるので、よかったら購読お願いします。
まずは→わんこらメルマガ サンプル号を読んでください


詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

カテゴリー

メール

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード