FC2ブログ
わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

トイレの便器で流しそうめんしよか2
しかしこの調子ではオレの威厳にかかわるので、真面目な話しようと思います。
まず、郵政民営化はアメリカの陰謀とは少し違うと思います。
でもまあ、アメリカにとって国益なのは確実に事実です。
しかしよく考えていただきたい。
よく郵政民営化の論議の際、昔長銀が破綻して日本は8兆円近く公的資金を注入したのをわずか外資のリップルウッドに10億で売却し、リップルウッドは再び新生銀行として上場させて数千億円稼いだと言う例を挙げて外資に食われると言う。
ここで言われてる問題は問題点は三つ
数兆円つぎこんだのをわずか10億円で楽々買収
瑕疵担保条項という不平等な扱い
外資の租税回避
まず、たった10億円で買収というが、売却先は普通もっとも好条件を示した企業に売却されるのであって、日本の銀行も手をあげていたがリップルウッド社がもっとも好条件、つまりもっともリスクをとる条件を飲んだのである。
もっともリスクをとった企業程、国民の負担は少ない。
ましてや実際にリップルウッドは改革して新生銀行を再生させたのであって、彼らが企業価値を高めたので上場して儲けるのは当然のことで、わざわざ条件の悪い銀行に売却していたら、それこそ売国。
そして瑕疵担保条項が不平等なら誰もそんな高すぎるリスクまで背負って買収しにこない。
外資の租税回避は抜け穴かもしれへん、しかし海外からの投資を促すと言えば随分聞こえがよく実際中国は経済特区を設けて外資を呼び込んだわけやし、一概に悪いわけではない。
しかしあれから日本は租税回避の阻止を進めてるようだ。
やっぱりリスクを高くとって勝負に出て再生に成功したリップルウッドが儲けるのは当然で、日本は市場の原理によって不利益というよりむしろ、わざわざ莫大な公的資金を注入した銀行を確実に再生してもらって利益を得たと思う。
となると、郵政民営化も外資が儲けるチャンスを確実に与えるけど、日本も市場原理で国益にかなうと思う。
しかし水道局を民営化で外資に買収されると、独占されるのでどんどん水道費が上がるそうな。
なんでもかんでも民営化はさすがにやばいな。
やはりアメリカの影響は強いのはわかりきってるから、そこばかりに焦点をあわせるのではなく、郵政の利権を考える際こういうこともあるっていうことも知って欲しいかな。
野中さんの功と罪(wikipedia)
そういわれれば、小泉山たく加藤のYKKみたいに石原慎太郎と野中広務と亀井静香は盟友らしいな。
ただYKKとちょっと違うのはこの三人が話しあうと、どえらい喧嘩になるらしい。
クリックして読んでもらえるとわかるけど、小泉首相に山たくに武部幹事長に…色々週刊誌やテレビであったけどこの舞台裏にはもう一つ壮大な根の深い複雑な問題があるねんなあ

関連記事
▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/223-da633414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

カテゴリー

メール

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード