FC2ブログ
わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

ちょっと、まさしにお茶入れたれ
最近、大変やな色々と。


予備校の仕事もぎっしりスケジュールが詰まってて、やたらにブログの読者も増えていってるしな。

ほんま身一つじゃもたへんわ。


わんこら式の対応にも時間が中々さかれへん。

もうこれは現実的に無理かもしれん。

何か対策を考えなあかんな。


わんこら式はお金をもらってやってる仕事ではないからなあ。

だから、対応に違いが出てくるのは仕方ないと思ってくれ。

出来るだけ平等にやろうとしてきたけど、これは現実的に無理や。


やっぱり人からお願いされた子を優先させなあかんし、すぐに解決出来そうな人とか、自分のことを表現するのが上手な人からしか返していかれへんわ。


でも表現の仕方がわからないな人でも、わんこら式診断プログラムを用意してるから、これにちゃんと沿って答えてくれたらオレは答えやすいから、よろしくお願いしますわ。


最近わかってきたことは、

どうも学校や予備校のテキストでは余り上手く行かない

ってとこやな。


これは先生や講師の解説が前提になった解説の薄さになってるから、特に数学が苦手な人にはほとんど失敗するみたいやねん、

いや、まず失敗するな。


それとか、解説が別冊になってたら机に

ノートと問題と解説

って三つも広げるから上手くいかなくなったりもするらしい。


やっぱり調査すると、

チャート式や大学への数学1対1が成功しやすい

ってとこやな。

例題のすぐ下に解答例が載ってて、周りに解説が添えてあって神のレイアウトみたいやねん。

わんこら式では意外とこういうところが大きなポイントになるねんな。


それと4STEPとかでも何故か上手く行かへんねん。

どうも問題の分量や、難易度が簡単で優先順位が低い問題ばっかりやってしまうようやねんな。

これは学校から与えられて、コツコツやってしまう人がいるから気をつけて欲しいとこや。
コツコツやっても、全然伸びないからなあ。

コツコツやるんじゃなくて、優先順位が高いことからやらなあかんねん。

普通に考えて、優先順意が低いことをコツコツやってたら無駄な時間を過ごしてるだけやろ。

例えばコツコツと足し算とか引き算を練習しても仕方ないねん。

ある程度足し算や引き算をやったら、掛け算やら割り算やら次の分野をやる方が優先順位が高くなってしまうわけや。

そこでず~っとコツコツと足し算とか引き算の練習し続けてたら、まだ槍を持って草原を白目むきながら走り回って象とか狩ってることになるやろ。


だから、わからないところだけザっとやっていって、次の問題集に進めていくことを強く意識しないといけない問題集なんやろな。


わんこら式で繰り返しの大切さがわかった言われるけど、実は繰り返しは大切ではないねん。
わんこら式で強制的に進めることの大切さがわかった言われるけど、実は強制的に進めることは大切ではないねん。

全く反対の感想を言うてるのがわかるやろ。

ある程度繰り返したら、強制的に進めないと挫折するって言うのがわんこら式やねん。


なんか不思議とどんどん覚えられるから、脳が活性化とかそういう話に持っていきたくなるかもしれんけど、基本的には副産物やからな。

やる気がどんどん起こってハイになっていくのも、基本的には一応副産物やねんな。

こういうのはわんこら率が上がってるとか言うけど、わんこら率って直接上げられるもんではないねんな。

名前とかはエヴァのシンクロ率のパクりやけど、ほんまそういうアニメ的な概念に近くて、いくら頑張ってあげようとして逆に下がり続けて苦しんでいくもんやねん。

そういうので苦しんでるキャラとかよく描かれてるやろ。


これは頑張ろうとするんじゃなくて、出来るようにやり方を変えなあかんねんな。

自分の精神力に頼ろうとするんじゃなくて、やり方をかえるねん。

例えば石は平らなところに置いてたら静止したままで、傾いた場所におくと丸い石は転がり始めるわけや。

こういう感覚やねんな。

頑張って勢いづこうとしてもあかんねん。

でも自分が丸い石なら、斜面に置けばええねん。


こういうと難しく感じるかもしれんけど、頭で考えてわかることではないねんな。

まあ出来るようになるまで数ヶ月も必要とすることもあるから、一回で理解しようとしない姿勢が結局は大切なんやろな。

そんなん受験時代には東大模試やらで数学を全国2位ぐらいとったり、京都大学理学部で数学と理論物理を勉強して、東大と京大の数学の大学院と、東大と京大の数学出来る人ら前から10人ぐらいしか合格しないような数理解析研究所の筆記試験にも合格したオレでも、自分で書いておきながらわんこら式をここまで理解するのに2年くらいかかってるもん。

そんなんすぐにできないこともあるのは、普通のことやねん。

それで自分が劣ってるなんか思うことはなにもない。

そら意外とその辺のあほそうな人の方が出来てしまうとこがあるんかもしれんけど、それは体育会系の部活とかやってて、ある程度わんこら式に共通する考え方を部活とかを通して理解しやすくなってたりするからやねんな。


関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/2235-cbd1585a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

わんこらメルマガ←毎週、わんこら式についての記事をメルマガで書いています。わんこら式に接し続けることができるので、よかったら購読お願いします。
まずは→わんこらメルマガ サンプル号を読んでください


詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

カテゴリー

メール

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード