FC2ブログ
わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

カマキリの夢を見た次の日の朝はココアを飲め言うたやろ
今日はお母さんの手術やった。


なんか朝から準備やってたみたいで、行くと全然会えなくて手術室にベッドで運ばれる前の一瞬だけになってしまった。

それで

お父さんが

「お母さん、がんばれよ~!!」

って言いだした。

え、こんなキャラやったっけ。


それでオレはニコって笑って、

かずゆき「頑張ってな」

言うた。


そしたらおかんが、運ばれながら

「こわい」

って言い出した。


だから

かずゆき「こわい言うてるわ。お母さんらしいな」

って言うて笑って送り出した。



終わるのは五時間後ぐらいか

手術室の前で親父と二人で待った。


二人でそわそわしまくった。



オレは予備校あるから途中で抜けなあかんねんな。


親父一人で待たせるのは大変やねんけどな。

しかも、また何か変なこと起こってたら一人でそれを聞かなあかんからな。



予備校についても気が気でなかった。

あかん、頑張って教えなあかん。


すると6時前に終わったらしいと、妹から電話かかってきた。


そしたら妹がオレの声を相当病んでると言ってた。

まだ詳しいことはわからんみたいやった。



それで6時20分ごろに親父から電話があった。


きた…


オレはこの電話で、恐らくこれからの人生感が変わることになるんかもしれん。


だってな、いい連絡なら親父は早くしてこないねん。

早い連絡は悪い連絡やねん。



あかん、授業に集中しなあかん。


とりあえず、気になるけどやりきろう。


それで休み時間になって、すぐに親父に電話した。


そしたら、

手術は無事に終わって人工肛門もとったし、尿管も大丈夫やったけど…



拡散してしまってて外科ではもう無理だと…

これからは化学療法にかけるしかないと…


かずゆき「うん」

親父「そういうことや」

かずゆき「うん…そうか…」



親父「外科の先生は、腸から出てたのが残念やと」

かずゆき「うん」



親父「そういうことですわ」

かずゆき「今日はお父さん一人で待たせて、一人で聞かされて大変やったけど、お疲れ様です」

親父「ありがとう」

かずゆき「じゃあ授業してくるわ」

って切れて、そのまま泣きそうになったけど、何とかこらえた。



授業をせなあかん。

オレはプロの講師やろ。

オレはプロの講師やねんから。

プロの講師やねんから、頑張ってやれや。


それで教室で泣きそうになってしまってるとこを、こらえた。

オレは何とか残りのニコマの授業をやった。



これだけ辛いことって今まであったんかな。

オレはなんで大学院全部、面接で落とされたときに死にたいと思ったんやろ。


この辛さに比べたら、全然大したことないのに。

健康に生きてる時点で、どれだけ幸せなのかってことや。



わんこら式で時間は限られてるとか、有意義にすごさなあかんとか言いながらオレ全然できてなかったやん。

オレはお母さんに全然親孝行できてないやん。


もっとお母さんに色々してあげられたし、なんか教授とか上手くいかないとか言うて大学に行くのも怖くなってたりとか。

全然成功してる姿見せられてない。


このまま、中途半端な状態のオレを見て死んでいくなんて悲し過ぎる。


有名になってお金もたくさん稼いで、お母さんに色々おいしいものを食べさして旅行させてあげたかった。


時間がたくさんあるなんて思ってたオレが愚か者で仕方ない。

わんこら式が全然わかってないやん。




オレは自分に課せられた仕事をせなあかん。

オレは親戚にも電話して伝えないといけない。


周りの先生からも色々メールもらったり電話もらったりした。



家に帰ってくると、親父は疲れきってた。


なんか切り取られた血だらけの腸を見せられたらしくて、目の前で真っ二つに切って

これが癌です

って見せてもらったらしい。


それ以降の記憶はないそうな。


親父にも苦労かけたな。



でも親父の話によると、

目に見えないほどの腹膜転移で、なんかすぐに死ぬってわけではなくて抗がん剤とかで数年間は寿命が延びる感じの程度らしい。



しまった、みんなに転移しまくってもう死ぬみたいな感じで連絡してしまった。

だって、親父が毎回もうあかんみたいに言うからな。



そうか、余命はまだありそうや。

何とか70までは生きさせたないねんけどな。


それでこれからは、みんなで楽しく健康的で充実した毎日を送ろうと話した。

親戚も妹も、もっとみんな近くに住まないとお母さん悲しむからな。

お父さんも妹仲良くなったし、冷たい人じゃなくなってお母さんが好きそうなタイプになったしな。


それで残された余命をたくさん親孝行をして、旅行に連れて行って、

オレはもう大丈夫

って言う仕事を軌道に乗せてる姿を見せないとな。

結局、これがなかったらだらだら過ごすから、みんなにとって本当にどっちが幸せかわからんもんなんかもな。


そうすると免疫力がついて、癌を抑制するやろうしな。


オレはこれから、成功させるためにめちゃめちゃ頑張らないといけないな。

もう時間は残されてないからな。


これが最後の数年、ラストチャンスや。

これでやれないと、お母さんを悲しませてしまう。



時間はまだあるとは言え末期癌になっていって、痛い思いをさせて死なせるなんて悲しく悲しくて涙が出るけど、手術は今回成功したわけやしな。


小さい病院やのに、あの外科の先生はなんか結構凄いみたいやな。

前の手術の時は今までの人らは下剤で出さそうとするねんけど、実はもう一歩で腸が破れて死ぬ緊急事態やってん。

そこでその外科の先生が無理やり自分の患者にして一歩間違えたら命がなくなる難しい手術して人工肛門を臨時作って命を助けてもらった感じやねん。

そこは運がほんま良かった。



でもこれからは心配することは解決する方法ではないんやろな

あほになってたくさん笑わさせることが、実際に解決する方法やねん。


よし、あほになってわんこら日記のノリ全開で、全力で仕事をやることが解決方法や。

これでオレはやらないと、一生後悔する。


みんなも協力して勉強頑張ってな。

関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/2816-558b6e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

カテゴリー

メール

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード