FC2ブログ
わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

ヨーグルトを毎朝食べる習慣を身につけてるおじさんは危険な香りがする
今日も見舞いに行ってきました。

神戸マラソンで通行止めやから、大丈夫かなって思ったけどな。

でも午後は通行止めしてなくて普通にいけたわ。



病室に行って、今日は気分悪いのはたぶん麻酔のせいとか言う話をした。

そしたら何も食べたり飲んだりしたらあかんからノドが乾くらしくて

「伏見稲荷で食べたカキ氷が欲しいわ」

言いだした。

この伏見稲荷大社の記事に書いてるやつやな


この写真見ると、おかんの後ろ姿写ってるのがちょっと辛いな。

またでもこういうこと出来るくらいに元気になるかもしれんって思うしかない。


「その後はリンゴジュースが飲みたいわ」

言うとった。

今はもうノド乾いてて食べ物のことは考えられないらしい。



そのうちに妹が来てん。


やっぱり妹が来ると全然違うな。

あのアホさ加減言うたら怒られるけど、場の雰囲気が一気によくなるわ。


それに、女の人が欲しいものを勝手に買ってくるからお母さん助かってたわ。


妹も頼りになるようになったな。

それで

妹「私がおったら、お母さん疲れるから帰るわ。お母さん帰って欲しそうやし」

おかん「何言うてるの!」

っていつもの喧嘩がはじまった。


手術後に大きい声でよく話すなほんま


大手術の後にこんなに話すもんなん?

めっちゃ話すねんけど。


まあ今のとこ悪いとこは何もない状態にはなってるからな。


それで

妹「ちょっと、お兄ちゃん話しがあるから。ちょっといい?」

って病室から二人で出た。


お母さんどれくらい生きられそうなんか気になるんやろな。


ちょっと歩くと妹は口を開いた。


妹「それで、どれくらいお金かかりそうなん?あんたはどれくらい払うん?」


はあ?!!


相変わらず凄すぎる。

親父もおかんも妹の何を考えるのかがわからなさ過ぎて反対に気が楽になるみたいやけどな。


でも、妹がお世話になってるぶにゅちゃんのおかげでだいぶん助かりましたわ。

ありがとうございます。


それで妹を送ろとエレベーターで待ってたら、ドアが開くと従姉と伯母やってん。


伯母が泣きながら

「ゆきちゃん私が死んでから、6年は生きなあかんから。なんぼお金出してでも、治るんやったらやってあげて」

ってパニックになってた。


この状態で病室に送り込むと、どえらいことになりそうやから、何とかなだめた。


横で従姉が

「よしよし」

って妹の頭なぜて、

妹「にゃぁ~♪」

とか言うてた。


どういう光景なんやこれ。



でもお母さんと会って話したみたいで、病室に戻ってくると、いつもの伯母の表情になってた。


やっぱ話すと安心するみたいやな。

もう恐くてこれなかったみたいやからな。


それで

伯母「治ったら、海鮮丼食べなあかんな」

おかん「今はカキ氷や」

伯母「それ食べたら、海鮮丼やな」

おかん「その後は、リンゴジュースや」


相変わらず自分の好きな話しかしない、おばはんやなこれ。



従姉「だいぶん顔色よくなってるね」

かずゆき「うん、肌に張りがあるやろ。あの腸閉塞の時はしわしわになってたからな」

おかん「看護婦さんに51歳くらいに見える言われたんやないの、もう嫌やわ~」

それ10回ぐらい聞いたわ!


ほんま、大きい声でめっちゃ話すな。


手術後に大丈夫なんかこれ。



後は合併症が起こらなければひとまずは安心やな。

数ヶ月は何もなしに元気なはず。


でも、親父の話をよく聞くと。

なんか腹膜に転移してた言うても、全部切除したらしい。


どうやら転移性で、目に見えない小さい癌細胞があるはずで取りきれないから再発する可能性が高いってことらしくて、外科的な治療としては全部出来たってことみたいやった。


なんか最初、予備校で電話で聞かされたのと少し解釈が違うような気が。

いや、結構違うような気が。

いや、だいぶん違うような気が。


ちゃうねんオレの親父は話してたら、人を病気にさせるような言い方をするねん。

まず悪いように解釈を曲げるし、最悪のストーリーを言ってくるからな。

もう親父の最初の説明では、もうその日の夜でも死ぬってことで病院から電話かかってきて出かける用意してたからな。


でもネットで調べると、そこまで広がると普通諦めてやめるらしくて、全部切除できたのは運が良かったんかなこれは。

そういえば医大のベテランの先生連れて来てやる言うてたしな。


看護婦さんもなんかめっちゃ親切やねん。

なんか若い子も多いような。



一応全部切除できてたら、再発はかなり高い割合でするかもしれんけど、ちゃんと充実して健康的な生活を送って免疫力をつけて、適切に化学療法をすればまだ寿命が延びる可能性がなくもないかもしれん。



それにしてもほんまこういうのでも、わんこら式やな。

腸閉塞の手術をして、癌があってその大きな手術も乗り越えないといけなくて、それで人工肛門になるかもしれんし、腎臓もとるかもしれないし、抗がん剤も投与して、低い5年生存率にかけて…

って考えると、気が狂いそうになるねん。


ほんま目の前の出来そうな小さい目標を作って、それを越えてから考えようってやらないとあかんわ。

わんこら式の本質的な考え方やな。


とにかく今日の腸閉塞の手術は終わった、元気になってきた良かった!

とりあえず今回の大腸がんの手術は肉眼で確認できるものは全部切除した、良かった!

ってやっていかないと、実際身体も精神ももたないねん。


そしたら、

ここまでやれたから、もう少し頑張ってみよう

ってなるねん。


これがわんこら式やな。


いきなり10年以上生きてもらおう!って難しい目標を立ててしまうと、全然達成できない事柄が積み重なって病んでいって上手くいかなくなるわけやな。


そうじゃなくて、

今は手術の後やから元気になってもらおう

ってことだけ考えればええねん。


話しはそれからや。


あれだけ腎臓がなくなるかもしれんとか人工肛門のままとか言うてたのが、全部機能的に無事でしかも確認出来る癌は全部切除できたわけや。

今はこれを喜んで、回復して元気になってくれたらええねん。


関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/2818-5eaca64f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

カテゴリー

メール

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード