FC2ブログ
わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

友達と二人でトイレに入るときは、十分に距離を保て
昨日は、家に帰ってお母さんが気分悪い言うてたから、ずっと寝てるとこをお腹に手を当ててさすりながら話しかけた。

人に触れられると、身体が必要とされてると認識して免疫が強くなるらしいからな。


だからお母さんの癌細胞が消えるようにずっと手を当ててさすっててん。


そしたら、

ブっ

っておかんがオナラした。


こんなん書いてたら、怒られるわ。


いや、でも自分でさするとオナラでないのに何故か人にさすれるとオナラ出るって言うのはやっぱほんまなんやろな。


確かに自分でやるより、人にやられる方が気持ちええもんな。


いやいや、変な意味違うで。


それで親父は自分のとこにお母さんを寝かせて、徹夜でお母さんが寝付くのを心配そうに見てた。

それから、寝ずにお母さんに朝ごはんを食べさして、一緒にテレビ見て笑っててん。

それでお母さんが昼ごはんをあんまり食べないから、

「体力がガタガタに落ちてきてるんちゃうか」

ってちょっとノイローゼになってきたみたいで、フラフラになりながらコンビニに幕の内弁当を買いにいって帰ってきて倒れた。


それから、パンを一枚食べて、また不死鳥のごとく起き上がって洗濯物を整理して掃除をしてん。

それでオレもめっちゃ掃除した。


二人で、お母さんが帰って来たら大掃除せなあかんな言うてたからな。

こんな掃除とかせずにいて、暗い時間に出かけて買い物したり、一人にさせてたからお母さん癌になったんちゃうかってな。

それで徹底的に掃除した。

二人で

「お母さんの癌を掃除せなあかん」

言いながらな。



それから、お父さんと二人で買い物して、お母さんが食べられそうで癌に良いものを探した。

これがめちゃめちゃ難しいねん。


なんと白米があかんらしいからな。


そんなん食事療法ぐらいで治るんか?思ってたけど、この食事療法がめっちゃ難しいねん。

それなりに好きでおいしいものを食べないと、結局体力自体が落ちて意味がないしな。

しかも腸閉塞も起こしたらあかんから、消化もよくないとあかんねん。

と言うことで、ほんまは白いご飯は余りよくないねんけど、かわりに抗がん効果があるとされる昆布とか買ってそれで食べさせることにした。


そしたら、お母さんもなんか家につくと急に元気になってて頑張って食べてたわ。


それでお父さんは徹夜で掃除して、オレはマスクしてたけど、親父は眼鏡が曇る言うてマスクはずしてホコリを結構吸ったみたいで、喘息になってしまった。

もう、親父が病院に運ばれるとこやってん。


だから、おまえらが一回落ち着けって話しやなこれ。



お母さんは、そんな親父を見てめっちゃ心配しててんけど、そのことで自分が癌ってことを忘れて元気になってん。



やっぱりな、親父が死んでから、お母さんが死ななあかんわ。

そらお母さんが可哀相なはずやねんけど、親父が不憫で仕方ない。


昔は親父は家族には冷たいって言うイメージがあったけど、

オレも妹も今は世界中を探しても、これ以上のお父さんはいないと思ってるからな。


ほんまは脳内出血で倒れて、字がかけなかったり、服が着れなかったり、お風呂から上がると身体でタオルを洗う操作が抜けて何故びしゃびしゃなのか理解できかったりした、高次脳機能障害になっててんけどな。


それやのに、一番脳の機能が壊れた家事を全部こなして、

お風呂に入る用意や食べ物、明日着るものとか

オレに負担がかからないようにしてくれててん。

しかも親父の場合、自分が一番脳が壊されたとこをやってるからな。

計算もできなかったはずやのに、自分でお金払ってめっちゃ計算してるわ。


それで毎日お母さんの見舞いに行って看病しててん。


昔お母さんがテレビで、

妻が倒れて寝たきりになって、ずっと看病をし続ける夫を見て

ええ主人やな~、あれだけいい主人いるもんなん?

言うてたのが、自分の夫がほんまにそうなってしまった話をお母さんにしてん。


そしたら、ほんまに自分の思うとおりのことが起こってしまうからお母さんは

なんであんなこと言うてしまったんやろ

って後悔しとった。


ほんまにお母さんがこうなって欲しいと思ったことは起こるからなあ。

今は、オレとか妹とか従姉の孫の面倒を見るから、オレらにお小遣いを貰うのをイメージしてるらしい。


イメージ療法をやらせていて、癌細胞を白血球がやっつけるイメージを昔はやったゲームのギャラクシアンのイメージでやらせてるねん、

それとか、こうなりたいって言うイメージをさせたりとかな。


それでオレと親父が出かけてるときに、懐かしい音楽を聴きながら目を瞑って

自分が元気なときのことを思い出してたり、色々イメージしてたら

電気毛布をつけてないのに身体が熱くなってきたらしいねん。


でも熱はないねん。

それで、なんか元気になって気力が沸いたみたいで、頑張って食べるようになってんな。


どうもやっぱり意外と瞑想が一番効くみたいや。

熱くなるって言うのは、確か自律訓練法でもかなり高度に出来てる状態やから、もしかするとかなり深い瞑想状態に入ったんかもしれん。



この前、結局気功が一番何故か効いたって書いてたけど、やっぱりこれほんまかもしれんんわ。


今、実際癌になった精神科医が書いた

がんに効く生活

って言う分厚い本を読んでるねん。



そこにも、とてつもない末期がんで、後数週間の余命でも瞑想とかで治った例も書いていてるねん。

どうも、手術や化学療法は有効やけど、結局は生活習慣を改めて、自分の性格や生きる目標を見つめ直したりとか、全体的に良くしないと再発したり抗がん剤が効きにくかったりするらしいねんな。


これって、わんこら式と同じカテゴリーに入るような話しやな。

考えてばかりでウツになってたら結局勉強できない、生活を充実させないことには勉強は続かない

って言う発想やからな。


でもオレ今回のことで、何故オレがわんこら式を生み出すことになってしまった失敗をし続けたのがわかったわ。


今もずっとお風呂の掃除をしててん。

やっぱりカビがあったらがんによくないし、お母さんの癌を洗い流すと思いながらやった。


そしたら、何か色々とやる気がでるねん。


わんこら式ってこういうことなんか。

自分で書いてて、まだわかってなかったかもしれん。

オレ掃除もあまりせずに自分の生活を充実させてなかったんやろな。


そもそも、わんこら式をやろうにも、どうしても親と問題があったり、余り人と交わらない不規則な生活をしてたりなんかすると、やる気が起こらないからなあ。

方法を真似ても、生活を充実させてこそ出来るって言う大前提ができなくて難しい場合も多いねんな。


ほんま今回のことで色々わかったかもしれん。


これからもっとわんこら式を発展させないとな。



それにしても、なんか奇跡って言うのは起こるもんやな。

オレ昨日ほんまは退院やのに、個別指導入れて下さい言われててん。


でも前に、その時間は別の生徒を入れてたから、入れなかってん。

そしたら、前から入れてた生徒はその日に個別が事務的な手続き上できないことになってて、無くなってん。


それでたまたまスケジュールがあいて退院するときに一緒に行けて、一緒に写真を写れてん。


なんかおかんも、入院してきた人がみんな年上で長女のしっかりもので、しかも同じ中学の先輩やってん。

入院してる間ずっと話してて、面倒を見てもらってたらしい。


それでこの前新しい病院で余命について聞かされて、めっちゃ恐がってたら、前の人が退院する直前にその話しが耳に入ったみたいで出る直前にぱっとおかんのとこに来て

「何も恐いことはないねんよ。」

って自分の妹も悪性リンパ腫でその病院のその先生のとこで治療を受けてるらしくて、

最初は確かにここまで言われるんか?!って言うぐらい恐いこと言われたらしいけど、

副作用に十分に注意してくれる先生で元気に外に出かけたりしながら治療を続けられてるらしい。


なんか、死んだお婆ちゃんがお母さんが困らないように常に面倒を見てくれる長女をつけてくれてるみたいに感じたそうな。



オレも最初は、手術とか化学療法が基本やろ思ってたけど、もうそうは言ってられなくなってしまったからなあ。


もう食事療法やらイメージ療法やら瞑想やら運動やら、やるしかないやろ。


オレお母さんがまた家に帰ってきて生活できるとは思ってなかったもん。

あの時、外科医の先生が無理やり自分の患者にして上手く手術やってなかったら、もうお母さん帰ってこれなかったと思うからな。


延長してくれただけでもありがたい話や。

西洋医学は凄いわ。


残された貴重な時間を大切に使わないとな。

そうすることで、きっといい結果は得られると思う。



オレが仕事が忙しくなって、東京までテレビの取材に応じにいって、お母さんとお父さんに今仕事やから銀座でも歩いてて

って言うて夜に合流しておいしいものを食べたりとかな。


それでちょうど食べてるときに相変わらず妹から電話かかってきて、

妹「私のこと放ったらかしにして、お兄ちゃんだけが可愛いんやろ」

おかん「何言うてるの!あんたも呼んだやないの!」

っていつものように喧嘩したりとか。



それから、結婚して子供が生まれて孫に

「昔は、こんな超ミニを履いて、どれだけ綺麗言われたと思うの」

って相変わらずおかんが言うて、ボケていって少しずつ知ってるお母さんを忘れられて

親父が先に死んでおかんが見届けるねん。



想像することは自由やからな。

こうなればええなって話をお母さんと二人でした。


関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/2839-7dc97b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

カテゴリー

メール

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード