FC2ブログ
わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

周辺視野開発…立体視
今日は周辺視野開発の練習の仕方について書き加えたいと思います。
やはり、写真記憶や速読と言うのは周辺視野で文字を認識しているらしいです。

そこで、周辺視野の開発に有効そうな練習をまた紹介します。

それは立体視です。

みなさん立体視はできますか?

実はこの立体視、周辺視野を使っています。
周辺視野を使わないと、物は立体的に見えません。
それは同時に複数のものを認識しないと、相対的な距離がつかめないので当然と言えば当然です。

更に本のページなどは2次元ではないかと思うかもしれません。
しかし、目を使ってみると本の中心にある文字と、本の外側にある文字は距離が違います。

051120_3.jpg

上の図を見てください
中心の文字Aに焦点を合わせた場合、端の文字Bはa(1/cosθ-1)だけ長い距離にあります。よって、Bは二重に見えているはずです。

しかし普段景色で、例えば山を見ていても地面が二重に見えているというような感覚はありません。
それは周辺視野で地面を見て、脳の中で立体的に再構成しその二重のぶれはより近くにあるという情報に置き換えられて、見えているわけです。

本を見ていると目は疲れるのに景色はいつまで見ても目は疲れることは無いのは、周辺視野を使い、バランスよく目の筋肉を使いレンズが薄くなったり厚くなったりするからだと言われています。
それに速読が出来る人は、いくら読んでも目が疲れないそうなので、正しく周辺視野が使われているのかもしれません。

理論はこの辺までにして、実践してみましょう。


立体視には二つ方法があります。

平行法と交差法です。

051120_1.jpg

平行法とは、右目で右の黒い点、左目で左の黒い点を見ます。
これ遠くの視線が交差するところに一つの黒い点があることになるので大きく見えます。

051120_2.jpg

交差法とは、右目で左の黒い点、左目で右の黒い点を見ます。
この点は近くの視線が交差するところに一つの黒い点があることにあんるので、小さく見えます。

たぶん、両方ともできた方がいいと思います。

次の黒い点で練習して見てください。
黒い点が3点に見えるようになります。

051120_4.jpg

平行法のコツ…できるだけ遠くをみてください。
そのまま、周辺視野で黒い点を意識してください。
すると4点ぐらい見えると思いますが、なんとか内側の2つの点を1つに合体させましょう。

交差法のコツ…目の前で指を立てて、周辺視野で前の黒い点を見てください。
すると4点ぐらい見えると思いますが、なんとか内側の2つの点を1つに合体させましょう。



それでは、おまちかねの立体視をしてみましょう。

平行法

051120_6.jpg



交差法

051120_5.jpg



この写真あんま立体視になりませんね…

ということで、文字で練習しましょう。
これは自分で作れるのでお勧めです。


    あ     あ


    い      い


    う       う


    え        え


    お         お



平行法で見れば、「あ」の方が飛び出し、交差法で見れば、「お」の方が飛び出します。

    はさみ          はさみ


    お猿の直腸にマヨネーズ      お猿の直腸にマヨネーズ


    叔父さんやめて       叔父さんやめて


    カーテンで包まないで     カーテンで包まないで


どうですか?

しかし、やりすぎると普段から焦点を自由自在に操れるようになるので、人と話す時に焦点が全然あってなかったら、恐がられるので気をつけましょう。

それでは、後は写真とか立体視のHPでも探して見てください。


関連記事

テーマ:勉強法 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/359-e901d7d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

カテゴリー

メール

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード