FC2ブログ
わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

ひろし君は親戚のおばさんと二人で無人島に流されました。n年後の無人島の人口を求めよ
今日も病院で起きた

寝てる側で先生がお母さんの様子見に来たりしていたようやった

そのうち可愛い看護婦さんが入ってきてオレだけ連続6日間徹夜であ母さんの付き添いやから
ちゃんと寝てますか?
って怒られました

そら寝たいねんけど親父は毎回パニックになるし
妹はお兄ちゃんだけはお母さんの側におらなあかん言うからな

それでも妹は何故か最近特に色々世話を焼いてくるねん

食べ物買ってきたり野菜ばっかやったりとか
ビタミン剤の粉状のスティックを水とかなしに飲まされるねん

なんかオレの中では妹が  お母さんとして認識されてるみたいやねん


それで今日はお母さんは朝方から39.4度の熱で黒い嘔吐をしまくって大変やっとんけど
何とか乗りきって落ち着いたとこで家に判子とか取りに行こなあかんから一回帰ってすぐ戻ってくることにした

ついでにお母さんの昔の写真も持ってくるか

それにしても仕事も断らなあかんのが堪える
これで何もかも失ってまうんかもな
今まで築きあげてきたものは何やったんやろ


お金いる時やのに
仕事に行けなくて
失っていき
ずっと徹夜で付き添いしてて体力なくなったとこを
弱っていくから更に付き添いしないといけない

詰んでるわ
それでお母さんがいなくなるなんて
もうオレの今の人生は終わりやな

後はどうなってもええわ

そういう風に投げやりになってる自分もいた

そしたら、妹からメールが入ってて

「お母さんはお兄ちゃんが宝物でいつもお兄ちゃんのこと心配していた󾆸
何かあったら私にもお兄ちゃんのこと見てあげてねっと言われていたからお兄ちゃんがかわいいみたい󾆸だからお兄ちゃんがいないとお母さんは治らないからいてあげてね󾌺」

って書かれてて

だから妹はオレに世話焼いてくるんか

お母さんはオレのことそんなに大切で自分がいなくなった後のこともオレのこと心配していて妹にお願いひてたんか

って思いながら家について急いでアルバムあさった

でかいのが4冊あるな
全部は持っていけないし早く病院に戻らなあかん

これだけしか持っていかないと言うように切り捨てる勇気がないと
逆に何も見せられん

と言うことでお母さんが喜びそうなもののうち代表的なのをぶーわー抜いていった

お母さんの若いときの写真を見つけた


若い言うてもたぶん20後半くらいか

これはオレが小さいときに何かお母さんに弁当食べさせてもらってるみたいやな




そうかオレのことがこんなに大切で自分がいなくなった後のことも心配して妹に…

って涙がボロボロ出てきて滲んできて選んでたら写真が見えなくなってきて

何度も目を拭いて選んだ

泣いてる場合じゃない
早く戻らなあかん

全部が塞がっててもオレは生きていかなあかん


それで戻ってくるとお母さんはまた少し持ち直していた

よかった

それで写真見せると
話すことは出来ないけど手を震わせながら力を出して写真をつかんで見ていた

関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/3773-4d4f37c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

カテゴリー

メール

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード