FC2ブログ
わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

お母さんから貰ったもの
お母さんが今日、永い眠りにつき旅立ちました


ありがとう

お母さん


ありがとう

ありがとう


優しい…優しいお母さんやった…

綺麗なお母さんやった…


ありがとう


オレがちゃんと生きていけるように、お母さんに色々なものをもらった

オレのことを理数なら一番出来るっていつも言ってくれていた

いつもオレのことを心配してくれていた

塾、予備校の数学講師とか、わんこら日記やかずスクールとかのブログの活躍とか喜んでみんなに話していてくれていた


今のオレがあるのはみんなお母さんがくれたものやねん


これからお母さんからもらったもので、どこまでいけるか頑張れるとこまで頑張ってみる
力を間違った方向に使うことがないように、みんなの役に立てるように

あっちの世界から見ていてくれると思う



ありがとう…お母さん…



昨日は持ってきた写真をお母さんと一緒に見た

お母さんに使わなくなったスマホに今までの写真を全部入れて渡してるねんけど、それを一緒に見たりもした

しゃべることは出来ないけど、手に持ったりはしたりするねん


この伏見稲荷大社で登ったときに食べたかき氷が忘れられないおいしさやったみたいでよく

伏見稲荷のカキ氷が食べたい

言うててん

それがちょうどスマホに入ってたから見せたりした


今までのこととか妹とかとも話した

ちょうど、オレが持ってきた写真におじいちゃんとかお婆ちゃんとかまで写ってるねん


好きな音楽とかも流した


それで夜中ずっと手を握ってた

なんか少し離れたら、うめき声あげて嫌がるねん


それで今日の朝はすやすやと寝ていて

だからお母さんが元気なうちに契約とかでお金をおろさないといけないから

「そしたら、お母さん。お金をおろしてくるからな」

って言うて、親父にお母さんを任せて出かけた



そしたら、なんか洗濯物がいつ出来るかとか、伯母と食べて一緒にお母さんとこ行こうって感じでどんどん話が何故か遅れていってん


その間の時間がお母さんが与えてくれたみたいに何故かすごく楽しいねん


すると一緒に伯母と妹と喫茶店に入ると親父から電話あって

「脈がどんどん落ちていってるねん」

って報告があって、看護婦さんがたくさん部屋に入っていってるらしいねん



それで親父が

「お母さん!お母さん!!!」

って叫んでるのが聞こえてきて

「飛んできて!」

って言うてるねん


だからオレも伯母の心臓のこともあるから落ち着いて

「今、お母さんが脈が弱ってきているねん。だから、すぐに病院に行かないといけないねん」

って説明して店を飛び出して、タクシーを呼んだ


そしたら、この辺の地域に詳しくないタクシーの運転手やってちょっとボケててトロトロ走るねん

もうだいぶん歳いってるのに妹が

「お兄さんそっち!」

とか言いながら、道を指示してるねん


中々病院までたどり着かんねん

そしたら親父から電話かかってきて、落ち着いた感じで

「今、呼吸が停止して硬直状態に入ったところや」

って言われた



それで病院について妹が

「お兄ちゃん行ってあげて!私が払っとくから!」

ってオレがタクシーを飛び出して病院の中を走って部屋についた。


そしたら、お母さんがベッドの上で倒れていて心電図が真っ直ぐになっていた

手を握ると、

ピクピク

と震えていた


オレが震えていたのか、お母さんが少し動かしたのか、死ぬときのそういう身体の反応なのかはわからない


かずゆき「お母さん…」

って言うて手を握りしめて、黙ってお母さんを見続けた


妹が入ってきて

「お母さん!お母さん!」

って泣いていた


オレはひたすら手を握り締めて、お母さんを見続けていて黙っていた



考えてみれば、昨日オレが夜中にお母さんを見てたときは何度も酸素濃度が下がったりしてたけど持ちこたえていたのとか

オレがいないときに息を引き取って帰ってこさせなくしてきたのは


お母さんはオレがこれからの人生を生きていく上でショックを受けないようにしてくれたんかな

お母さんは自分がいなくてもオレが寂しくないように困らないように、妹とか大切な兄妹、たくさんの大切な仲間を与えてくれたんかな


ありがとう…お母さん…


ずっと、ずっと手を握っていたかった

お母さんの温かさを感じるねん


お母さん本当は先週の時点でほぼ植物状態でダメやったらしい

でも一週間も頑張ってくれてん


しかもだんだん意識を回復させてくれてん

あれは気力だけでオレのために頑張ってくれてたんやろな



腹膜播種と言う絶対に死ぬ転移の仕方の癌で手術を受けてから33ヶ月くらい生きた

それで最後も一週間も生きてくれた

色々な先生からお母さんのこと癌と闘い続けててしんどいはずやのに、いつも笑顔で話していて

本当に良く頑張った

気丈な人や

って尊敬されていた



オレのお母さんは奇跡を起こしてたんやと思う


そのおかげで、オレは一週間ずっとお母さんと最期の時を病院に泊り込みで一緒にいることができた

話せなかったけど、たくさん感謝の言葉や、一緒にいて幸せやったことを伝えることが出来た

ずっと手を握り締めることが出来て、たくさん握り返してくれた

オレが困らないように寂しくないようにショック受けないように

少しずつ旅立ってくれた、最期にたくさん時間を作ってくれた


本当に優しいお母さんやった



お母さんありがとう

お母さんにもらったものを大切にしてオレはいけるとこまで頑張るからな

天国から見ていてな

これからもっと色々な人に数学を教えてみんなの役に立てるようになる


お母さんの子供で幸せやった

お母さんとの一緒に過ごせた時間が幸せやった


本当に長い間、ありがとう


関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/3774-fc6f142c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

カテゴリー

メール

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード