わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

手帳を持って部屋を往復している人がいたら、人生のどの辺で詰んだのか聞いてあげましょう
今日は自分の答えに自信を持つって話をしよか。


よくどこまでやれば問題集を終わらせたと言う基準にすればよいのかと言うの迷うやん。
それで書いてあることを全部覚えていて、全部理解してたら終わったと言えると思ってしまいやすいねん。

そしたらいくら繰り返しても忘れたところあるし、どこを覚えていないかを探す作業がそもそも終わらない戦いになるねん。

しかも、簡単な問題集でもさえ元からわかってるようなとこを何度も覚えてるか?とか本当に理解してるか?とか丁寧にやって

解けるのに載ってる解答と少し違うかったら、こっちの解答を覚えないといけないんじゃないかと不安になって、最初の3ページ目くらいで血吐いて気絶するねん。

それで、答えを見ないと不安になって答えがないと何も出来なくなるねん。



じゃあどうしたら、ええのかと言うと

自分の答えに自信を持つねん。


それが合ってるかどうか気になって、もう答え見ないとおられへんようになるやろ。

答えを見る時もう、うへ~ってなるやろ。



そうじゃなくて、むしろ全部忘れたつもりでその本に書いてること、解答は

その場で考えたらわかる

って思うねん。


全部覚えていないとあかんって考えると問題集をこなすほど、気が重くなるからな。

もう授業を重ねるだけでもウツになるかもしれん。


オレが模試受けるときは、何もかも忘れて、その場で何とかしようとして解くって書いてるやろ。

オレそれで本番めっちゃ強くて、とてもじゃないけど試験と言う最高の舞台を用意されたから解けたのであって普段なら解けなかったと思うからな。


そのためには、自分の答えに自信を持ったらええねん。

その自信って言うのは、合ってないと自信を持たれへんとかじゃないねん。

答えを出してやって実行できたことに意味があって、合ってるかどうかはどうでもええねん。

人前で全然違うことをやったり言うてしまって、恥をかいてなんぼやねん。


それでこそ答えを見たときに意味が出来るねん。

どうやらこうやるらしいって言う風にな。


それとか、答えを見てから、たぶんこういうことをやろうとしてるって更に勘で自分なりの解釈をするねん。


それでそのことを繰り返すと、答えてみたことで
自分の身体がそれを理解する覚える必要性を感じてくれて、答えを見るのを力まなくても自然と正確になってくるねん。

その適当な勘が正確になってこればええねん。

そのために問題集を勉強するねん。


一字一句完璧に言えるかどうか?ではなくて

だいたいこういうことが書いてるとか

たぶんちょっと考えて何とかしたら、解き方や表現が少し違うけど答えられるとか

その精度が前より高くなった状況に持っていくねん。



そしたら、そういう発想をしてるやつが結局たくさん成長して、ほんまに何を聞いても答えられる完璧なやつになっていったりするわけやな。


だから答えを読んだり写していったら、

たぶんこういうことやろって全然わかってないのに適当な解釈をして

それで、ちゃんと覚えて解けるかどうかは

たぶんこうやって、こう解くねん

って適当なこと言うてたらええねん。

間違えててええねん。


でもそういうことをやってると、自然と入ってくるようになるねん。



よくマニュアルとかを

これほんまに正しかったかなあ?

これどうやったかな?

って何回も見てたら、むしろ全然覚えられなくて、成長せえへんやん。


でもマニュアルと違っていたとしても、

こうやってやるのが正しい

って自分の判断でやってたら

後からマニュアルを見たら覚えられるし

ほんまに勘であっていたこともあるし

全て完璧でなくても結局一番それなりの対応できる人になっていて

しかももっといいやり方を見つけるかもしれないやろ。


そんな自分の自信に答えを持ってる姿勢のときに親切な答えがあると、本当に役立つわけやねん。

答えがないのは人の労力がない分、劣ってはいるけどあってなくてもたぶんこうやって勘でやればええねん。


オレが答えを大量に覚えていたりとか、瞬殺で答えられたり出来ていたのは、

問題集を見て全部覚えなあかんとかやってるわけちゃうねん。

たぶんその場で考えたらわかると自分を追いこんでるねん。

それで最初は全然違うことをやってしまって恥をかいてきたからこそ、たまに問題集を流し読みしたりとかもして、どの問題集がきても怖いもの知らずに教えられるようになってるわけやし、今だに恥をかき続けてるし、これからも恥をかき続ける。

テーマ:今日の日記 - ジャンル:日記

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/4248-13ee72ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

ランキングサイト


↓ランキング参加中




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

blog Ranking


お勉強BLOGЯanK

リンク

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード