わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

たくさんある武器のうちヌンチャクを選ぶタイプは、肋間神経痛になりやすい
今日は仕事終わった後に、わんこらつながりで久しぶりに会った仲間がいて食事をしました。

色々話したな。


人間は苦しいときこそ頑張らなあかんとか。

男やったらお風呂入るときは、隠したらあかんとか。

人間はどこから来て、どこへ行くのか。


それで人間の幸福とは何か?それをもう一度確認していこと言うことになった。



もっと他に話すことあるやろ!




今日はそうやな。

久しぶりにわんこら式のことについて書くか。

今日は

問題集をやりました。

これはどれくらいの範囲で、何周ぐらいやって進めればいいですか?

と言うことを考えてしまうことがあると思うねんけど


このときは、その前にその問題集は自分にとってどのような存在なのかを考えて欲しいねん。

別にこれからの人生においてわかる必要も、覚える必要もないかもしれんやん。

そのときにわかる必要、覚える必要もないかもしれんしな。


だいたいは、必要ないもんやねん。

別にわかる必要ないねん。


だからたった、一夜限りの付き合いでええねん。


確かに繰り返して何かを得るかもしれんけど、

その問題集をやってる間は、他のことが出来ないからな。


計算が苦手やから計算ドリルをやりまくってたら、みんなその間、ベクトルとか数列を勉強していって気づくと自分だけ遅れてたみたいな。


他の問題集をやっても、同じような考え方や問題が出てきてわかったりもするしな。


だから理解するためや、覚えるために繰り返してるんじゃないねん。


1行目だけを見ても考えたところでわからないのは、

10行目とかまで読まないと意図や意味がわからないから当たり前やん。


しかもこの箇所はわからないけど、読み進めていくとわかるところがあったりするやろ。
そのわからない箇所で悩んでる人は、そのわかる場所までたどりつかないねん。

だから1行ずつ、1ページずつ完璧に読んでいっても、その時点では情報が足りなかったり経験が足りないから完璧にできないのが当たり前やん。

そこでまずは全体を見るために適当に読んで、何度も全体を見るのを繰り返して掘り下げていく方が自然って言う話やな。

それが結果として何周も繰り返してるように見えるって言う感じなだけであって、
繰り返すことが大切と言うわけでも、
どの程度繰り返したら身につくか
って言うわけではないねんな。


この問題集を一つずつ完璧にしようって30時間ぐらいかけるぐらいなら


その30時間でまず1周ざっと見ていって、また戻って今度は掘り下げたりとかちょっとわかる部分が出てきて

もう1回全体を見ていくと、ここはこうやったなって
当たり前に感じる部分が出来ていて、ざっと処理することできたり、
更にその先の深いことまで考察できたりするわけやな。


その問題集が自分にとってどのような存在なのか、それに応じてどれくらい掘り下げたら良いかやな。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/4421-1221e107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

ランキングサイト


↓ランキング参加中




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

blog Ranking


お勉強BLOGЯanK

リンク

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード