わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

スマホケースを見れば、その人がどんな罪を背負って生きてるのかがわかる
今日は孤独な身分をわきまえて、入試問題解いたりして一人で映画見に行きました。

14845121060.jpeg

傷物語冷血篇


孤独やから一人で座ってたら、満員でもうみんな座ってるねんけどオレの左隣の2席だけ空いてるねん。


そしたら始まる直前ぐらいに隣に大きいおっさんがやってきて

チケットを見ながらこっちを見て

「えっ?」

とか言うてるねん。



それで

「すいません」

とか言うて

おまえ間違えてるやろ

って感じで話しかけてきて


まず字自分の席の番号をちゃんと確認する前に、相手が間違えてることを疑う系のおっさんが座ってきた。


この2席以外空いてなくて計算あってるねんから、間違えてるわけないやろ!


するとチケットをまた見て、椅子の番号を見て

「ああ、あぁ」

とか言うて大人しく座った。



それで傷物語が始まると横のおっさんがドリンクを手にとって

チュー…

ガリガリガリ

チュー…

ガリガリガリ

って聞こえてきた。


氷は噛む必要ないやろ!



もう許してくれや。

オレ性格上、我慢しかできへんねんからな。


でもとりあえず、平和に見ることが出来ておもしろかった。

14845121170.jpeg

パンフレットも買って、傷物語の鉄血篇、熱血篇、冷血篇、コンプリートしたわ。


傷物語は化物語の最初のところの話やからな、

楽しみにしてたしおもろかったわ。


何故アララギが吸血鬼でキスショットアセロラオリオンハートアンダーブレードの忍となんでああいう関係なのか

やっと見ることができたな。




今日は灘の1日目の入試問題もちゃんと解いててんけど、あれやな。

努力のかいがあって、数式でぶーわー立てて解くんじゃなくて、だいぶん算数的に解けるようになった実感を感じるわ。

今になって成長して新しい大きなスキルを手に入れてしまったのが何か不思議な感じやな。

と言うことでちょっと紹介やな

一定の速さで流れる川でボートをこぎます。静水でボートが進む速さは一定です。
ある地点Aでボールを川の下流に流すと同時に上流に向かってボートをこぎ始めました。そして、地点Aから上流に300mのところでボートを川岸につなぎとめて10分間休んだのち、下流に向かってこぎました。すると、地点Aから下流に1030mのところでボールに追いつきました。下流に向かってこいだ時間は、上流に向かってこいだ時間よりも4分長くかかりました。このとき、静水でボートが進む速さは川の流れの速さの[①  倍]で、川の流れの速さは毎分[②   m]です。


14845120700.jpeg

算数は相対速度で考えることが多いからな。
こういうボールを流す問題は川の流れが相殺してボートの速さで進んでることを考えたらええねん。

ただ10分流されずに固定やから、10分は川に流されたと考えて

ボートはAより下流側に4分で、追いつく地点に行くから

この距離が同じってことは時間の比と、速さの比が逆比やねん。

川の流れの速さと、ボートの速さは2:5で2.5倍とかわかるわ。


後は、流された分と、ボートで進んだ分を別々に考える

と言うことと

同時刻は同じ記号で書いていくねん。

後は川、ボート、上流、下流の四つの速さの比を出しておいて

そしたら、○から×までは同じ時間やからな、

距離が速さに比例するねん。

折り返すまでの上流に300mの部分は、川で流された分は200mやからな。

川の速さ②、ボートを⑤とか置いて

折り返しのところはボートの部分は相殺されて、流された分は200+200、後は4分で1030mやからな

残り630mは②×4+⑤×4になるから速さが求まるねんな。



これ昔の中学受験の算数の勉強まだしてないオレやったら文字置きまくって方程式たてて、厳しかったやろな。

でもなんか根底にあるのが数学的なような気がして、結局前の自分と一緒やねんけどな。


もう一問紹介

容器Aに濃度が[    ]%の砂糖水600gが入っており、そのうち150gを空の容器Bに移しました。その後、65gの砂糖を2つに分けて、一方を容器Aに、もう一方を容器Bに入れてよくかき混ぜたところ、すべての砂糖が溶け、容器Aの砂糖水の濃度は20%に、容器Bの砂糖水の濃度は10%になりました。

14845120780.jpeg

こういうのって水一定で解くこと多い思うねん。

砂糖入れても水はかわらんやん。


だからAとBは3:1にわけたから水も3:1で③と①とか置いて

水から砂糖水の重さを逆算すると

Aの方は③÷0.8、Bの方は①÷0.9で

65gを2つに分けてって書いてるから、たぶん和で考えるとねん。

AとBの和は600+65=665で

③÷0.8+①÷0.9=665

水の量④の値だして、600から引けば砂糖の量がわかって濃度が計算出来る感じやな。



それと今日はセンター試験も数学を解いておいたからちょっと講評しておこか。

もうなあ、孤独で寂しい人間やからな。
日曜は問題解くしかやることないねん。


数学1Aは

命題のあたりが難しいわけではないけど、聞き方がややこしいかもしれん。

二次関数は簡単、図形と計量も簡単

データと分析も簡単やけど、やっぱ箱ひげ図と、分散、共分散、相関係数とかお決まりの問題が出てて過去問とか参考にちゃんとやっていればやりやすかったかもな。

確率は簡単やけど、聞き方が難しいかもしれんな。
排反なこととか見落としたら、答えにくいやろうしな。

整数問題は、4の倍数は下2桁が4の倍数、9の倍数は各桁の和が9の倍数で簡単にできますね。
でも最後の約数の問題の2進法であらわすと0はいくつ続くはやったことあんまないかもな。

1~2017までかけたときに10進法で0がいくつ並びますか?って問題は10の倍数、つまりは5で何回割りきれるかって計算するやん。

それと同じで2で何回割り切れるか考えたらええねんな。


図形の問題は、方べきとかお決まりの手法を使うけど、よくセンター試験であるのが長さとか適当に図を描くと
2つの直線を延長した交点が逆で交わってしまうことやな。
それでもまだやりやすかった方かもしれん。


全体としては聞かれ方が難しい部分があったから、難易度のわりに意外と点数が低い可能性があるな。

数学2Bは三角関数も指数対数もやりやすかったかもしれんけどlog_2(3)の値を計算するのに
log_10(3)/log_10(2)
で計算するところが少し慣れなかったかもしれん。

微積はやりやすいかったかもしれん。

数列の問題もやりやすいかったもしれんけど、ちょっと計算が面倒な感じやな。
いつもよりもわかりやすい誘導で明快やな

ベクトルの問題も何をやったらいいかわりやすくて、やりやすいかもしれん。

2Bは思いのほか点数が高いかもしれんな。

ただ2Bの平均点が高いと、数学得意な人はあんま関係なく100点くらいとるからちょっと不利になるかもしれんな。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/4719-8d3060db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

ランキングサイト


↓ランキング参加中




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

blog Ranking


お勉強BLOGЯanK

リンク

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード