わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

東京大学2015年度理系第6問、積分と極限の問題の解説
みんな二次試験の発表も終わって、二次試験の発表もそろそろ終わるころですね。

東京大学2015年度理系第6問、積分と極限の問題を解説します。

よろしくお願いします。

[問題]
14892871820.jpeg
nを正の整数とする。以下の問いに答えよ。
(1)関数g(x)を次のように定める。
g(x)=
(cos(πx)+1)/2  (|x|≦1のとき)
0               (|x|>1のとき)

f(x)を連続な関数とし、p,qを実数とする。|x|≦1/nをみたすxに対して、p≦f(x)≦qが成り立つとき、次の不等式を示せ。
p≦n∫(-1,1)g(nx)f(x)dx≦q

(2)関数h(x)を次のように定める。
h(x)=
-π/2sin(πx)   (|x|≦1のとき)
0               (|x|>1のとき)

このとき、次の極限値を求めよ。
lim(n→∞)n^2∫(-1,1)h(nx)log(1+e^(x+1))dx

[解答と解説]

(1)不等式を証明しろってことやな。


14892871900.jpeg

a≦x≦bでf(x)≦g(x)ならば∫(a,b)f(x)dx≦∫(a,b)g(x)dx

を使って自分で関数を作って挟んで積分が解析特有のよくあるやり方で

例えばよくある問題はπの級数表示を出すときに使う
∫(0,1)x^(2n)/(1+x^2)≦1/(2n+1)
を示すときに0≦x≦1で1+x^2≧1やから
x^(2n)/(1+x^2)≦x^(2n)
って分母をとった方が大きくて0から1まで積分すると右の値は
∫(0,1)x^(2n)dx=1/(2n+1)
となります。

だいたいこういう感じで解く。

ただこれがよくわからんっていう人が多いわ。


なんでよくわからんって思うのかと言うと、これは必要であって十分ではないからな。

x^(2n)/(1+x^2)以上の関数って色々あるやん。
そのうち積分しやすくて、積分すると1/(2n+1)以下になるものであればいいから、色々関数が考えられるねん

それでこの式ではx^(2n)って雑に抑えてみたら、たまたまちょうど1/(2n+1)やったという感じやねん。

計算して最適な関数が一つに決まるっていう感覚ではなくて、たくさんあるやろうけど、もっと精度高く抑えられるものあるやろうけど雑に評価した
って感じやな。


と言うことでこの問題でも雑に評価してみよか

14892872000.jpeg

まず
g(nx)やから0ではない区間は|nx|≦1⇔|x|≦1/nやな。
だから
n∫(-1,1)g(nx)f(x)dx=n∫(-1/n,1/n)g(nx)f(x)dx
って実際には|x|≦1/nだけの積分になりますね。

そしたら
n∫(-1/n,1/n)(cos(πnx+)+1)/2・f(x)dx
は雑に評価すると
-1≦cos(πnx)≦1
やから
0≦(cos(πnx+)+1)/2≦1

0≦(cos(πnx+)+1)/2・f(x)≦f(x)≦q

これを-1/nから1/nまで積分して
0≦n∫(-1/n,1/n)(cos(πnx+)+1)/2・f(x)dx≦n∫(-1/n,1/n)qdx
とやると
n∫(-1/n,1/n)qdx=2q
で、2倍になってるし、左も0やし…

とやってると

14892872260.jpeg

座薬タイプを飲んで世界に裏切られる流れになります。


ちゃうねん、雑すぎるねん。

確かに雑に挟む言うてたけど、雑すぎるねん。

これはな、ちょっとおかんがフライパンで炒め物をしてるときに、
ぴんぽ~ん
って誰かが来て
おかんに「たかし、ちょっと見てて」
たかし「うん」
って焦げて炎がぶーおー燃えあがってても、ほんまに見てるだけやって

た、たかしー!!

って戻ってきたおかんにパーン!しばかれて

鼻血だしながら髪の毛チリチリになって
見ていうから、見てただけやのに

って世界に裏切られたと思い込んでるたかし君みたいなやもんねん。

もうたかし君は、世界から拒絶されたと思ってるからな。
台所に選ばれなかった人間やと思ってるからな。


でもそんなたかし君にもええとこがあって、おじい…


ええから、はよ解き方の解説をしろや!


14892872350.jpeg

これはな、f(x)がすでにp≦f(x)≦qって定数で挟まれてるし
(cos(πnx)+1)/2は積分できるから残してたおいた方が精度が高くなるねん。


14892872520.jpeg
と言うことで
|x|≦1/nにおいて(cos(πnx)+1)/2≧0より

n(cos(πnx)+1)/2・p≦n(cos(πnx)+1)/2・f(x)≦n(cos(πnx)+1)/2・q

これを-1/nから1/nまえ積分したらよくて

∫(-1/n,1/n)n(cos(πnx)+1)/2dx=1やから
これで
p≦n∫(-1,1)g(nx)f(x)dx≦q
って言えるねん。


(2)、(1)を使うやろうから形を近づけてみよか

14892872620.jpeg
同じようにh(nx)は-1/nから1/n以外は0やから
n^2∫(-1,1)h(nx)log(1+e^(x+1))dx=n^2∫(-1/n,1/n)-π/2・sin(πnx)log(1+e^(x+1))dxこれでsin(πnx)の部分がg(nx)の(cos(πnx)+1)/2に近づけそうで部分積分で微分か積分すれよいやろうけど、log(1+e^(x+1))は積分難しそうやからsin(πnx)の方は積分やな。

そしたら(cos(πnx)+1)/2にしていくために1/2を足して引くねん。
するとうまいこと消えて
-n∫(-1/n,1/n)g(nx)e^(x+1)/(1+e^(x+1))dx
になるねん


14892872690.jpeg
(1)で言うとe^(x+1)/(1+e^(x+1))がf(x)に対応していて、1-1/(1+e^(x+1))やから増加関数で
f(-1/n)≦f(x)≦f(1/n)
になるねん。
だからこの極限を求めて
f(-1/n)→e/(1+e)
f(1/n)→e/(1+e)
(n→∞)
で挟みうちで-e/(1+e)と求まりました。

14892872790.jpeg

ちなみにnπ/2・sin(πnx)の積分のところでcos(πnx)/2にするんじゃなくて
(cos(πnx)+1)/2
って定数があっても積分定数の違いで定石とると同じやから
これでg(nx)を作ったら、もう少し簡単に計算できるわ。


東京大学の入試の数学の過去問の解説

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/4787-1bcd7c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

ランキングサイト


↓ランキング参加中




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

blog Ranking


お勉強BLOGЯanK

リンク

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード