わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

東京大学2014年度理系第三問積分の問題の解説
今日、かずゆき、もうがんばらなくていいよって言われました。

東京大学2014年度理系第三問積分の問題の解説をやりたいと思います。


[問題]
20170416032459fb4.jpg
uを実数とする。座標平面上の2つの放物線
C_1:y=-x^2+1
C_2:y=(x-u)^2+u
を考える。C_1とC_2が共有点をもつようなuの値の範囲はある実数a,bにより,a≦u≦bと表せる。
(1)a,bの値を求めよ。
(2)uがa≦u≦bをみたすとき、C_1とC_2の共有点をP_1(x_1,y_1),P_2(x_2,y_2)とする。ただし、共有点が1点のみのときは、P_1とP_2は一致し、ともにその共有点を表すとする。
2|x_1y_2-x_2y_1|
をuの式で表せ。
(3)(2)で得られるuの式をf(u)とする。定積分
I=∫(a,b)f(u)du
を求めよ。

[解答と解説]
(1)
20170416032604b05.jpg
そらもうy消去ですね。
-x^2+1=(x-u)^2+u

2x^2-2ux+u^2+u-1=0
これが実数解をもてばよいので判別式Dとして
D/4=u^2-2(u^2+u-1)≧0
u^2+2u-2≦0
解いて
-1-√3≦u≦-1+√3

この流れやとだいだいお尻から血出して倒れてるシーンになると見せかけて、ほんまに普通に求まるねん。

(2)
20170416032605640.jpg
そしたらxは
x=(u±√(-u^2-2u+2))/2で
y=-x^2+1
=-{(u±√(-u^2-2u+2))/2}^2+1
=-(u^2-u-1±(√(-u^2-2u+2))u)/2(複号同順)
やから
2|x_1y_2-x_2y_1|=2|(u+√(-u^2-2u+2))/2・(-u^2+u+1+(√(-u^2-2u+2))u)/2-……

ってやってると


20170416032607986.jpg

芝生の校庭で踊り出すことになります。

まあがんばったらできるやろうけど、書く量が多いねんな。


20170416032609e59.jpg
そこで解と係数の関係を使ってx_1とx_2の基本対称式と交代式で整理してみるねん。

それでuで表すと、書く量が減るわけやねんな。

まずy_1=-x_1^2+1とy_2=-x_2^2+1でx_1とx_2だけにして
x_1+x_2=u
x_1x_2=(u^2+u-1)/2
|x_2-x_1|=√((x_2+x_1)^2-4x_1x_2)
やから

2|x_1y_2-x_2y_1|=2|x_1(-x_2^2+1)-x_2(-x_2^2+1)|
=2|x_1x_2(x_1-x_2)+x_1-x_2|
=2|x_1-x_2||x_1x_2+1|
=2√(-u^2-2u+1)・1/2・(u^2+u+1)
=(u^2+u+1)√(-u^2-2u+2)
ですね。

u^2+u+1>0やから絶対値は外れるねん。

(3)そしたら積分ですね。
積分やな。
そしたら…積分やな。

ええから、はよせいや!



20170416032610fa4.jpg
I=∫(-1-√3,-1+√3)(u^2+u+1)√(-u^2-2u+2)du
この積分は∫R(x,√(ax^2+bx+c))dxの積分でやり方がある程度決まってるねん。

R(x,y)とはx,yの有理式のことで
つまり
(x,yの多項式)/(x,yの多項式)
の形のことやな。

なんかだいたい大学の1年で習うような専門書にやり方が整理されてるけどな。

今回はa<0でax^2+bx+c=0の判別式をDとしてD>0の場合のときやな。


20170416032706d3a.jpg
2つやり方を紹介すると

1、√(ax^2+bx+c)=√(a(x+b/(2a))^2+c-b^2/(4a))
=√(a(x+b/(2a))^2-D/(4a))
これはx+b/(2a)=√(-D/(4a))sinθと置換するねん。
√(ax^2+bx+c)=√(-D/(4a))|cosθ|
まあ√(1-x^2)の積分みたいなもんやな。

2、ax^2+bx+c=0の解x=α,βとすると
t=√{(x-α)/(x-β)}と置換するねん。

これをxについて解いてx=(t^2β+α)/(1+t^2)
そしたらdx=(2(β-α)t)/(1+t^2)^2dtって用意しておいて

tに直して
√(ax^2+bx+c)=√(a(x-α)(x-β))
=(√(-a))t(β-(βt^2+α)/(1+t^2))
=(√(-a))t(β-α)/(1+t^2)

これで有理関数(=(tの多項式)/(tの多項式))にできるねん。

まあそんなに高校数学でやらないし、だいぶん要領よくないと使いにくいやろうけどな。
今回は普通に1でええやろな。

20170416032708af3.jpg
一応、2の例としては
∫(dx/√(-x^2-x+2))はx^2+x-2=(x+2)(x-1)
だからt=√((x+2)/(1-x))と置換、x=(t^2-2)/(1+t^2),dx=2・3t/(1+t^2)^2dt,
√(-(x+2)(x-1))=t(1-(t^2-2)/(1+t^2))=3/(1+t^2)ってあらわせて
∫((1+t^2)/(3t))2・3t/(1+t^2)^dt
=∫2/(1+t^2)dt
ってなるやろ。これでtanに置換で
2Arctan((x+2)/(1-x))+C
やな。


20170416032709b5d.jpg
そしたら問題に戻ると1のやり方で平方完成して
I=∫(-1-√3,-1+√3)(u^2+u+1)√(-(u+1)^2+3)du
ここでu+1=√3sinθと置換すると
du=√3cosθdθ

u=-1-√3のときθ=-π/2
u=-1+√3のときθ=π/2

I=∫(-π/2,π/2)(3(sinθ)^2-√3sinθ+1)3(cosθ)^2du
ここで
∫sinθ^2cosθ^2dθ=∫1/4・(sin2θ)^2dθ
=∫1/8・(1-cos4θ)dθ
=θ/8-1/32sin4θ+C
やろ

∫(cosθ)^2sinθdθ=-1/3(cosθ)^3+C
∫(cosθ)^2dθ=∫(1+cos2θ)/2dθ
=1/2θ+1/4sin2θ+C
って後はお決まりの三角関数の積分になるねん。

これで
I=[9(1/8θ-1/32sin4θ)-3√3(-1/3(cosθ)^3)+3(1/2θ+1/4sin2θ)](-π/2,π/2)
=21π/8
やな。

長かったですね。
余計な一般的な説明してるからやろって話やけどな。


ありがとうございました。

東京大学の入試の数学の過去問の解説

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/4828-f805292f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

ランキングサイト


↓ランキング参加中




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

blog Ranking


お勉強BLOGЯanK

リンク

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード