わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

東京大学2014年度理系第4問微分の問題の解説
今日はやたらにうんこ出ると思ったら昨日山芋食べたからなんですね。

と話がまとまったところで東京大学2014年度理系第4問微分の問題の解説をします。

[問題]
20170419010355dc9.jpg
p,qは実数の定数で、0<p<1,q>0をみたすとする。関数
f(x)=(1-p)x+(1-x)(1-e^(-qx))
を考える。
以下の問いに答えよ。必要であれば、不等式1+x≦e^xがすべての実数xに対して成り立つことを証明なしに用いてよい。
(1)0<x<1のとき、0<f(x)<1であることを示せ。
(2)x_0は0<x_0<1をみたす実数とする。数列{x_n}の各項x_n(n=1,2,3,…)を
x_n=f(x_(n-1))
によって順次定める。p>qであるとき
lim(n→∞)x_n=0
となることを示せ。
(3)p<qであるとき
c=f(c),0<c<1
をみたす実数cが存在することを示せ。


[解答と解説]
20170419010357e29.jpg
(1)そらもうまず微分やろ。
f(x)=(1-p)x+(1-x)(1-e^(-qx))
xで微分して
f'(x)=1-p-(1-e^(-qx))+(1-x)qe^(-qx)
=-p+(q+1-qx)e^(-qx)
これはあれですね。
ようわからんから、もう一回微分やな。

f''(x)=-qe^(-qx)+(q+1-qx)(-q)e^(-qx)
=-q(x+q+2)e^(-qx)≦0
これでf'(x)は単調減少やな。
いい感じやな。

次にf'(x)の符号を考えよか。

まず端点の符号を調べると
f'(0)=q+1-p>0
f'(1)=-p+e^(-q)はわからんから

(i)-p+e^(-q)≧0のとき
f(x)は単調増加で
f(0)=0,f(1)=1-p<1
いけてるな。

(ii)-p+e^(-q)<0のとき
f'(x)は単調減少やから、f'(α)=0となるαが1つ存在して
e^(-qα)=p/(q+1-qα)で
f(s)はf(α)で最大値やから
f(α)=(1-p)α+(1-α)(1-e^(-qα))
これで1>1-pで1>1-e^(-qα)やからf(α)<α+(1-α)=1

ってやってると出来なくもないねんけど、これαが0<α<1と言うことしか使ってないから意味ないちゃうんって言うことで部屋をのぞくと

201704190103580f7.jpg
こんなわけわからんことになります。

なんかセンターは誰がええか争ってたらこうなったらしい。


20170419010401055.jpg

この微分した意味を無に返されたような感じは、何を考えてほしいのかと言う

変数をかえてみるねん。

変数を定数に、定数を変数と考えたりしてみるねん。

東大でもよくある処理やな。

これはxを0<x<1の定数として、(1-p)xはpの関数と考えるとそれぞれ1次関数やねん。

pの係数は-xよりpの減少関数やねん。

(1-x)(1-e^(-qx))もqの増加関数やろ。

だから

f(x)<(1-0)x + (1-x)(1-e^(-1・x))<x + (1-x)=1
f(x)>(1-1)x + (1-x)(1-e^(-0・x))=0

これで0<f(x)<1なるねん。

こうやって変数をかえてみると、簡単になったりするねんな。

(2)
201704190103597e0.jpg
これは|a_n-α|≦r|a_(n-1)-α|
(0<r<1)と言うような不等式の等比数列の漸化式みたいなのを作るのが向かうべき道になることが多いねん。
それで
|a_n-α|≦|a_1-α|r^(n-1)
って漸化式式を解くように処理してn→∞で右辺→0でa_n→αを示すわけやな。

(1)より0<x_0<1から0<x_1<1,0<x_2<1…となっていって帰納的に0<x_n<1になりますね。
今回はα=0で、x_n<rx_(n-1)を目指す感じやな。

x_n=(1-p)x_(n-1)+(1-x_(n-1))(1-e^(-qx_(n-1))
なんかこれでrx_(n-1)のような形を目指すには指数関数ではなくて、x_(n-1)の1次式で評価したいとこやな。

そこでe^x≧1+xこんなんあったやんな。

xのところに-qx_(n-1)を代入して
e^(-qx_(n-1))≧1+(-qx_(n-1))
これを使って
x_n≦(1-p)x_(n-1)+(1-x_(n-1))(1-(1-qx_(n-1)))
=(1-p+q-qx_(n-1))x_(n-1)
これでqx_(n-1)>0やから
x_n≦(1-p+q)x_(n-1)
ってなるねん。

これでx_n≦(1-p+q)^nx_0
で0<(1-p)+q<1-p+q=1やから
n→∞で
(1-p+q)^nx_0→0
となってx_n→0となるわけですね。

(3)
201704190104270a1.jpg
f(c)-c=0と考えて、g(x)=f(x)-xを考えよか

そしたら
g(x)=(1-p)x+(1-x)(1-e^(-qx))-x
=-px+(1-x)(1-e^(-qx))

g(0)=0
g(1)=-p<0
やな。

g(0)=0は0になってちょっと惜しいとこやな。

と言うことは0<x<1において正の値をとることがあれば中間値の定理でg(x)=0となるxが存在するはずやな。
とりあえず微分してみると
g'(x)=-p-(1-e^(-qx))+(1-x)qe^(-qx)
これはあれやな。
増減調べて最大値とか探すのは難しそうやな。

でもg(0)=0やったやん。
極値になるxの値までわからなくても、こっから少しでも増加してくれたらええわけやん。
そこで
g'(0)=-p+q>0と言うようにg(x)はx=0のところで増加してるねん。
それでg'(x)は連続関数やからg'(x)>0となる区間が存在していてg(α)>0となるx=αが存在するねん。


f'(x)が連続関数でf'(α)>0でx=αのところで増加で、f(α)=aやったら
xがαに十分近いとf(x)>aとなる区間がある
っていうわけやな。

解答には連続関数と書くところがポイントになるからこれぐらいでいいと思うねんけど、もっとここをもし詳しく書くとしたら
g'(x)は連続関数やから
lim(x→+0)g'(x)=-p+q>0
でxを0に近づけると-p+q>0に限りなく近づくから、常にg'(x)>0となるような区間0≦x≦αが存在しているねん。

それで0≦x≦αでg(x)は単調増加やから
g(α)>g(0)=0
となるわけやな。

これで中間値の定理からg(c)=0(0<c<1)となるcが存在することになって題意成立しました。


この(3)は極限を大学で習うε-δ論法的に理解してないとわかりにくいから難しいな。

任意の正の数εに対して、ある正の数δが存在して
|x-0|<δ⇒|g'(x)-(-p+q)|<ε
が成り立つから

例えば-δ<x<δ
g'(x)-(-p+q)>-(-p+q)/2
g'(x)>(-p+q)/2 (>0)
となる正の数δが存在してるみたいな。


東京大学の入試の数学の過去問の解説

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/4832-0938daea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

ランキングサイト


↓ランキング参加中




にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

blog Ranking


お勉強BLOGЯanK

リンク

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード