FC2ブログ
わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

そんなもん生みそずいにフンコロガシ入れてなんぼの世界や
日曜は大変でした。

親父が朝からずっと胸痛いいうて、狭心症の発作起こしてた。
それで、ごはん食べに行くん大丈夫かな?って思ってたけど、あの人絶対ついてくるからな。
しんどかったら家で寝とったら楽やねんけど、自分だけお留守番は許せへんねん。


少し歩くたびに
「もうあかん。どっか座るとこや」
って、何回も座ってうずくまってた。


ほんまに大丈夫なんかこれ。
でも何故か家に帰って寝る発想が無いからな。
みんな
おいっ大丈夫か!!
って感じで集まってきて、救急車呼びましょか?って雰囲気やねん。

それで、帰る時がしばらく座るとこ無いから一番大変やった。


それにしても、発作が起こった時に飲む薬ってもらってへんのかなあ。
ほんま、心筋梗塞にいつなるか。
なんか今のとこは安定型やから大丈夫とか言われてたらしいけど、専門医になんで見てわらへんのかそれが納得いかん。

なんか他のしょうも無いことはめちゃめちゃ大きい病院行くのにな。
昔、頭が痛い言うて会社休んで
「なんかおかしいんちゃうか」
ってもう脳に腫瘍かなんか出来てると思い込んで病院にCTスキャンまでとりに行って、ただの肩こりとかやったしな。


なんで心臓みたいな大切な問題やのに大きい病院行かへんのかがわからん。

それで、インターネットで調べたらやっぱり発作が起こるとニトログリセリンとかを飲むと1分ぐらいですぐに血管が広がって良くなるらしくて、何錠飲んでも良くて、常習性も無く、副作用も無いって書いてた。

みんな、これ飲んでるんちゃうん?
それで、
「ニトログリセリンはもらってへんの?なんも副作用無いらしいで」
言うたら、親父にめちゃめちゃ恐い目で睨まれた。



なんか、後から聞いた話おかんが
「ニトログリセリンはもらってないの?」
って何回も聞いたら
「うるさいわ!」
って怒られたらしいですが。

たぶんニトログリセリンを勘違いしてるかもしれへん。
こんな火薬みたいなんで体ボロボロになるまで飲ませてワシを殺す気か!とかたぶん思ってたんやと思いますわ。
だっていつも思い込みがものすごいもん。


まあこれは日曜の日記かもしれへんけど、ちょっと月曜に書いてるから月曜の話まで書くと、次の日にオレがおかんに絶対専門医のおる病院に連れて行かなあかんと言い聞かせて学校行った。


そして、いつものように数学の授業を受けて、ちょっと恥かしいけど電話してみた。
かずゆき「もしもし」
おかん「なんや、どないしたん?」
かずゆき「いやっ今授業終ってそろそろ帰ろかな~って」
おかん「じゃあ三宮?お母さん今すぐ用意するわ」
かずゆき「ちゃうちゃう、真っ直ぐ家に帰るねん」
おかん「あっそう…」

…言いだしにくいもんやな。
なかなかお父さんが心配で電話かけたなんか、そらもう恥かしいと言うか、バレたくないと言うか。
でも一応親父が近くにおらなさそうな感じやったから

かずゆき「そういえば、今日病院行ったん?」
おかん「なんや!お父さんが心配で電話かけてきたんか!」

おっきい声で言うな!

かずゆき「いやっちゃんと発作止める薬とかもらったんかな思って」

って言うたら、遠くの方で

「お父さん発作止める薬もらった?」

とか聞こえてきた。

横におるんかい!

しまった、もっとおかんが一人で買い物してる時に電話したらよかった。
それで、まあ一応発作止める薬もらってたようやった。

ちゃんとお医者さん、親父に説明したんかなあ。
あの人勘違いしたままやからな。


それで、図書館で勉強して帰って、家に着いた。
明日の日記は図書館について書こかな。


そしたら、親父が普通にテレビ見てて大丈夫そうやった。
まあとりあえずは、インターネットをチェックしてから勉強すぐにはじめるか。


それにしても、今回の数学の宿題の問題は難しい。
うーん、全然進まん。

勉強してたら、おかんが帰ってきた。
それで、病院の話を聞かされた。

おかん「なんか、ちょっと見たらお父さんぱっと錠剤飲んでたけど」


結局ニトログリセリン飲んでるんかい!


まあ、やっと理解したようでよかった。

なんか20秒で効くとか得意気に言うてるしな。
もうオレらからしたら、そんなすごい薬あるんやあ~って言うしかないもん。

それで、検査の結果がまだわからんらしくて、場合によっては入院とかもあるそうな。
でもニトログリセリン飲んですぐに効くようやったら、別に大丈夫らしいけど。



まあ、とりあえずは無事でいてもらわな、なんのために頑張ってるんかわからんようなるからな。
やっぱり、親父に認められてたいと言うか、勝ちたいというか、喜ばせたいとか、まあそういう複雑な気持ちで勉強してきた面があるからな。
まあそら予備校で好きな子がいたから頑張ったりもしたけど。
親父はやっぱりオレめっちゃ憎んでたもん。
すぐに怒るし、他の子と違っては俺は漫画も見たら、そんなしょうもないもん見んでええねん言われてたし、音楽番組もそんなしょうもないん見んでええねん言われてて、全然学校言ったら誰とも話しあわへんかったもん。
本当は話し合わへんのは、自分に原因あるのに全部親父のせいにしてまうからな。

でもずっと親父が物理学校で一番得意やったって聞かされてたから、とりあえずは早く高校で物理がやりたかってん。
物理が得意になったら、オレのことを認めてくれるかもしれへんし、勝つことができる思って高校に入ったら、自分で駿台文庫の新物理入門って言う大学生レベルの内容まで書かれてるのを色々調べながら自分で独学でどんどん読んでいってん。

すると、学校では当然のごとく物理は1位で、最初の東大模試でも30位くらいには入るようになった。

でもオレは親父と違って、相当数学の勉強をした。
オレは親父に勝つ!って思って京大の理学部か東大の理科一類を目指して、そんな高校が東大やら京大やら全然行かないレベルの高校やのに、一人で変態扱いされようが、毎日夜遅くまで勉強した。
学校の先生に、遅刻して怒られようが、夜遅くまで予備校で勉強して、次の日先生にあんな夜遅くにどこをふらふらしとったんや!って怒られようが、勉強しまくった。


とにかく、数学は高校があまりレベル高く無い故に黄色チャートやったけど、予備校では周りみんな青チャートやのに、それがコンプレックスやったけど、すみずみの問題まで三冊全巻解いて、解き方を覚えて、大学への数学スタンダート演習も一週間で全部仕上げるとかとにかくやりまくった。


でも、オレは何故かなんぼ英語や国語を勉強しても、得意にはならなかった。
むしろどんどん、成績が下がっていったような。

ただ、その予備校での勉強は、好きな子がいたらめっちゃ楽しみでもあったかな。
その子は、ここではほんまにみんなお嬢様で有名な学校の子で、背が低くて、ものすごい細くて、話し方が聞いたこともないような、大人しくて上品な話かたで、こんな子おるんか!っていつもニコニコしてた。
オレはその子に気づいてもらえるように、勉強に勉強を励んで、ついにレベルがSαとか言う最強のクラスに上がって、周りみんな超有名私立ばっかの数学の授業のテストの張り出しで1位をとるようになる。


それで、東大理一か京大理学部どっちを受けるか迷う。
これはオレは判断を見誤ったようで、京大の理学部は難しいからって東大理一を受けることにしてしまう。
しかし、それは何が不得意で何が得意かで決まる話で東大理一は550点中、センター試験110点、数学120点、理科120、英語120点、80点で国語と英語の配点がめちゃめちゃ高い。
これは数学と物理だけが得意でセンター試験さえ苦手なオレにとっては不利で、京大の理学部はまずはセンター試験が560点以上あれば受験資格取得で点数が関係なくて、二次試験だけの勝負で国語100点英語150点数学200点理科2科目200点合計650点で理科と数学が得意なオレにとっては、かなり有利。

そして、たくさん勉強したけど英語のリスニングとか全くできずに落ちてしまう。
オレ日本語でさえ、口で説明されると、一人全然違うことやってて先生に怒られてたのに、ましてや英語なんて…
ほんま何も英語できんかったような。


結局好きなあの子とは、一回も話しかけられずに終ってしまう。

でも、こんな落ちた俺を見て欲しくなったから、それは不幸中の幸いやったと今でも思うかな。
今でも夢には出てくるけど。


それで浪人すると予備校の最初のテストでSAとか言うクラスが東大京大医学部コースやのに、何故かSBクラスになる。
その日は、今までのオレはなんやったんやって家でしくしく布団の上で泣いて死にたくなる。

ただやっぱり実力は本物やったようで、模試をすれば普通にSAクラスのトップクラスの成績になって、すごい勉強頑張ってるねって勘違いされる。
やっぱり精神的な問題があるのか、全然勉強せんかったのに何故か成績がうなぎのぼりで模試に名前どんどん載っていって、東大模試の後期型では数学の総合問題で全国2位をとる。
ちなみに、1位とは1点差で字が汚くて読めませんって答案用紙に書かれたという…。
まあオレはそういう系の人間やからしゃあないな。

それで今度は京大理学部受けて、見事合格。
しかし、あの時みんな予備校行ってるのに、毎日家でごろごろしてて、一人でカラオケ行くという奇行が見られるようになったけど、よく無事に乗り切ったもんやな。
おかんは、私はこの子を信じてるから…とか思ってたそうな。


その時とりあえず電話はしてみたけど、親父手震えとったとか言うてた。
これで、ちょっとだけ勝ったな思った。

でも大学入って教授とのコミュケーションって言う壁にぶつかって、ドイツ語の教官といつも喧嘩になって単位揃えるのに余分に三年くらいかかる。
あれは長くてつらい日々やった。
オレ正直ほとんど鬱やったんちゃうかな。
空白の三年間みたいな。
本来は一番女と遊んだりする年頃なんやろうけど…

でもやっと単位揃ってドイツ語から開放されて、念願の専門科目。
今度はいきなり物理から数学に変更して大学院目指してとりあえずはやれるとこまでやるねん。
だから、まだもうちょっと無事でいてもらわな困るねん。
この話は忘れて欲しいねんけど、親父が好きなlinuxのソフト京大の数理解析研究所が開発してるとか言うてて、数理解析研究所って日本で一番難しい大学院やねん
だからまあオレごときが目指すとはとても、みんな天才だらけで失礼やから言われへんけど、でもまあ一応やるとこまではやるねん。
まあこの話は忘れてくれ。
もう忘れることな。
身の程知らずやから。


いつ頃からか、親父を憎むようになってたのから、オレがかわりに勉強を頑張りたいって思うようになったからなあ。
たまに、親父は金持ちの家に生まれてんけど早くに両親が無くなって叔父のとこに預けられて大学行くって言うたら、どつきまわされたって悔しそうに話してたのを思い出すねん。
まあ一応は神戸大学かなんかに通ってたみたいやけど、やっぱり本人は余り詳しく話したくないみたいでよくわからない。
でもオレが大学で勉強することで、親父は少しでもその悔しさとか、無念を晴らせてるんかなあ。
だからオレは変わりに頑張るねん。
でも、ドイツ語でかなり苦労したから、今から取り返さなあかん。
ある程度物理は勉強したから、その知識で数学勉強したらもしかすると役に立つかもしれへんし、何か成功できること夢見て、ただ今はひたすら取り返すように、急に数学にしたから、かなりキツイけど数学を勉強するしかないな。

それを見ていて欲しいから、ほんまたまに意味わからんことでキレたりするから、むかついたりするけど、やっぱりまだまだ無事でいて欲しいねんな。



長くなってもた。
しまった勉強する予定が…

親父

関連記事

テーマ:いまのきもち - ジャンル:日記

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/562-24057668
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

カテゴリー

メール

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード