FC2ブログ
わんこら日記
甘くて切ない日記。わんこら式数学の勉強法、解説記事

ランドセルあけたら牛乳パックしか入って無い子の指導の仕方
今日から卒業研究がはじまった。


四限目から始まるから結構遅いねんな。
だから、ブログとかいじってゆっくり用意してたら
おかん「あんた、遅刻するで」
トイレ入ってたら
おかん「あんた、遅刻するで」
ズボン履いてたら
おかん「あんた、遅刻するで」
って何回も言うから無視してたら、遅刻した。


教授の部屋の前についた時、
「どうしよ、しばかれるかもしれへん」
ってドアに手を伸ばして、
「やっぱり帰ろ」
ってそのまま家に帰ろうとした。

その時、
大学に入って教官とあわずに失敗しても夢をあきらめずに毎日三時間ぐらいの睡眠で勉強した日々とか
家庭教師でオレも不登校やったけど一人で家で勉強して京大理学部に行って素粒子的宇宙論の数学と物理両方の面から研究しようとする人間になった話しとかして生徒を励ましたこととか
生協の本屋でうんこしたくなったけどギリギリまで数学の本見てたら、信号渡ってる最中にうんこもらしたこととかが走馬燈のように甦ってきて

ここで帰ったら今までのオレはなんやったんやって部屋に入った。



そしたら、すでに教授と学生三人が座って話をしてて
教授「おう、きたきた」
って普通に椅子に座らせれた。


どうやら、遅刻とかそんなん気にするタイプの教授とかじゃなかったようやな。


それで
教授「今学生四人いるけど、この人はもう来年ってことで。さよなら」
ってオレの横にいる人が単位足りなかって受けられへんようになったことを五回ぐらい説明をうけた。


なんやろな、オレでもこういう人にすごい憧れがあるねん。
何かい言われても、全く平気やねん。
鈍感力って言うんかな。
こいつは伸びる!思ったもん。
今日でおわかれかもしれへんけど、オレの心の師匠にしておこう。



他の人は大丈夫かって話になって教授はオレを見て

教授「君が一番心配なんや」

って即行あほ認定される。

それで就職か大学院かの話になって

教授「君は?」
よし子「院を受けて、教職に」
教授「君は?」
まさゆき「何もかもしません」
教授「君は?」
かずゆき「一応院を受けて…」
教授「受けたいやな」

って希望形に変換される。

初日からボコボコにされてへこんだ。


でもまあ、

教授「君は?」
まさゆき「何もかもしません」
教授「君は?」

って何もかもしませんに敢えて何もつっこまないとこが良かった。


それで今日は終わって研究室から出たら
三人「私たちは、同じクラスなんだけど」
って言うてきた。









おまえらかかってこいやごら!


なんで最初から喧嘩やねん。
とりあえず、オレは今までの複雑な経歴を15秒で簡単に説明してだから教授が君が一番心配なんやって言う話をしたら、すげー!ってなんらかの負の衝撃を与えてしまった。


とりあえず卒研は来週から担当の場所を説明しなあかんらしい。
ばっちり準備していかなあかんな。
これから、一体どれだけどつきまわされるのか…


まさゆき「来週オレ泣くかもしれん…」
よし子「えっそんなん泣かれたら気使うわ」
とか言うてたしな。


でも、まさか代数解析の教授に担当してもらえるとは思わんかったな。
なんか佐藤幹夫って言う有名なすごい先生がいて代数解析を生み出して…みたいな代数解析って言うすごい分野がある話を憧れで書いてたら、何故か自分がその道の専攻になってしまったな。


素粒子論や宇宙論とか統一する超弦理論とかそういうのをやるにはぴったりの教授に見てもらえることになった。


ただ、オレが気をつけなあかんことはよく先生とうまくいかなくなるってとこやな。
これだけには最大限の注意を払わなあかん。
今までそれで失敗を繰り返してきたからな。
しかも教官とコミュニケーションとらないようにしてきたから、それで損することが多くてもテストをかわりにがんばったりとか独学で補ってきた。


オレはもう先生に全く質問とかせえへんし頼ろうとせえへんからな。
話しかけるんとかも苦手やし、オレはレポート出してよくつっこまれるのはオレはそういうつもり無いねんけど全く先生の話を聞いてるようで全然聞いて無いらしい。

あの人とは結構気があってんけどな。
去年数理解析研究所の院生にレポートを見てもらっててんけど、オレその人だけには気に入れられたな。
その院生は東大卒で京大の数理解析の院に来てん。
京大の数理解析の院生は、おそらく世界で一番賢い集団やからな。
その人めちゃめちゃ賢かったもん。
ほんま、返ってきたレポートを見たら書いてるコメント見てこの人は賢いってわかるねん。


その人のレポートによく書いてるコメントは、オレはいつも先生の話を全然聞いてなくて独自の解き方をしてるらしい。
それが、その人にはウケがよかってその人がオレのレポートなくしたりとか事件もあって仲良くなってきてん。

ただその人の方が実は歳下やねんけどな。
その意味のわからなさが反対によかったんかな。
だから、同じような分野に進めて少しは恩を返せたような気がするな。
まだまだやけどな。
ほんまあの人がいて良かった。
オレほんま先生に教えてもらうの苦手やからありがたい存在やった。


どうやったら先生に普通に話しかけたり、話しかけたられたり、アドバイスもらったりとか仲良くなれるんやろうなあ。



オレほんま全然あかんわ。

それで高校の物理の授業でも他の学生を先生が気に入ってて、オレがいくら学年トップとってても、オレの目の前でその仲良くなってる生徒に
「君もうちょっとがんばったら学年トップいけるで」
とか言うやろ。

それがむかつくねん。


だからオレは高校卒業するまで学年トップの座は絶対譲らんかった。
別に先生に理解してもらえなくても、ええし。
どうせオレのこと、あいつは言うこと聞かんやつやからつぶれたやろ思ってるんやろうけどな。


しかも進路相談とか進研模試はあてにならんから、難しい駿台の東大模試とかでA判定とったのを担任の先生に見せたら
「こんなん、当てになるんか?」
ってなんか小さいしょうも無い模試やと思い込んでて相手してくれへんねん。

オレは部屋を出てから窓ガラス叩きわりそうになったもん。


中学の時も先生がオレのことあほやと思い込んでて、国立大学も全然行かない文型の私立高校を進めてきて、無理矢理進学校に受けたしな。

それで、京大理学部合格したって手紙送ったら全く返ってこんかった。
無視かい!


でも今回は、そういうわけにはいかんねん。
教授を慕って、教授の言うことをよく聞いて、教授に気に入られなあかん。

大学での教授の力って言うものはそれはもう高校とはレベルが違う大きさやからな。
教授は代数解析の専攻やから尊敬できると思うし、運が良かったと思うしな。
遅刻しても気にしない心の広い先生やったし、今回は運が良かったと思うねん。
とりあえず常に冷静に計算をしなあかん。
どんなに辛いことあっても、ここだけは絶対乗り切る。


教授はオレの色んな事情とかわかるわけが無いから、やっぱり一方的に勉強の出来ない子って決めつけられるねん。
それは悔しいかもしれへん。
オレがどういう気持ちで、どういう苦労をして勉強してきたかと言うのとかも全てただのサボリ、ただのあほですまされるもんなあ。

でも友達は同じ授業料で心配してくれるってことは得かもしれへんでって言うてくれたから、そういう風に考えたらええねんなってわかった。
めっちゃなるほどって思ったもん。
これから、困ったことあれば友達に相談するか。

京都大学の学生生活

おかんが登場する話

関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

▲ページトップへ
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wankora.blog31.fc2.com/tb.php/890-6c257736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップへ
プロフィール

わんこら

Author:わんこら
京都大学理学部を数学専攻で卒業した数学と物理講師

現在、東京で働いています。

かずスクール
で数学を教えてます。

わんこら式数学の勉強法
数学の勉強方法や仕方を説明

詳しいプロフィール


メッセージはこちらへ
メール
迷惑メールにされる危険性があるので出来るだけ
kazuyuki_ht○guitar.ocn.ne.jp
(○を@にしてください)に送ってください

勉強とかでどんな悩み持ってるかなど色々と教えてくれると嬉しいです。
わんこら式のやり方についてはわんこら式診断プログラムを参考にしてメールください
都合がつかず遅れたり返せなかったりする場合があるのは申し訳ないです

リンクはばりばりのフリー
一言メールくれれば相互リンクします。


カテゴリーと名作集
読者に受けが良かった記事を集めてたり、今までの記事をカテゴリー別にまとめてます。



水と空気と街並とからだ
中学時代からの親友てつろうのブログ。
今年、滋賀医科に合格した医学生です。

リンク集
リンク集はこっちです。

このブログは携帯でも見られます。

カテゴリー

メール

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード